ジュピター|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ジュピター

ジュピター

2015年3月28日公開,127分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟監督によるSFアクション。宇宙の運命を変えてしまうほどの遺伝子を持ったヒロインを巡って、宇宙規模の壮大なバトルが繰り広げられる。『テッド』のミラ・クニスが主人公に、彼女を守るハンターの男を『フォックスキャッチャー』のチャニング・テイタムが演じる。

予告編・関連動画

ジュピター

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

近未来の地球。人々は高度な知性を持った異星人によって管理され生活していた。清掃員として働き、味気ない日々を過ごしていた女性ジュピターの日常は、遺伝子操作された元兵士のハンター、ケインの出現で劇的に変化する。実はジュピターには宇宙の運命を変えるほどの遺伝子が備わっていて、その為に命を狙われるはめになる。

作品データ

原題
JUPITER ASCENDING
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
127分

[c]2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • tom
    tom
    3.0
    2015/4/10

    映像の大迫力、スピード感には呆気をとられちゃいます。
    俳優陣も豪華な顔ぶれで、金かかってる感がたっぷり。
    超壮大なスケール!!なんですが詰め込み感がすごくって
    結局、メインは何だったのかって感想になってしまうのが
    かなり勿体なかったですね。
    まあストーリー云々を観る作品じゃないのかもしれないけど
    ウォシャウスキー姉弟監督ってことで、
    どうしても期待感が出てしまいますよね。

    違反報告
  • レインボーパパ
    レインボーパパ
    2.0
    2015/4/6

     宇宙船の造形や木星など映像はすごい。
     宇宙は王朝に支配されていて、人類は家畜。ジュピターは王族の生まれ変わりで、と話も壮大。
     父の思い出の望遠鏡は趣味がいい。
     ただ2時間超は長い。なんか途中ダラッとしたように感じてしまった。地球上での宇宙船のバトルシーンは早すぎて(3Dだったら、きっとこのシーンだけで酔ってた)。
     アブラサクス家の弟タイタスがどうしても劇団ひとりに見えて、気になって仕方なかった。

    違反報告
  • YO99
    YO99
    5.0
    2015/4/6

    PVの凄さに惹かれたカミさん同伴で観賞。
    厳ついチャニングさんが、ファンタジックな映像にどう馴染むか不安でしたが、さすがウォシャウスキー姉弟はぴったりマッチする設定を用意してました。
    完全オリジナルストーリとは言え、これまでのバトルアクション系SF作品の旨味を巧く加味した仕立てです。フラッシュゴードン、スタートレック、スターウォーズ、アベンジャーズ、マトリックス、Xメン、スカイライン、カウボーイ&エイリアンetc似て非なる画像が目白押しです。
    ミラさんがヒロイン役でチャニングさん演ずる守護戦士に好意を持つのですがSEXYっ気無し。とにかくバトルの連続です。宇宙王族絡みなので豪奢な大スケールの場面も多く、宇宙戦艦?の仕立てや発着シーンは圧倒的です。
    個人的には、ショーンさん演じるスティンガー先輩が善悪葛藤する人間臭さを絶妙な間合で好演していると思いました。
    有象無象は考えず、スペースオペラにどっぷり浸ってハッピーエンドを満喫できる快作です。

    違反報告
  • seapoint
    seapoint
    3.0
    2015/4/2

    ウォシャウスキー姉弟って、お姉さんいたっけかなととんちんかんな疑問があった。すまない、性転換したんだっけ、すっかり忘れてた。前作から大して年数が経過していないのだが、なんか、すごい昔に思える。

    彼らのSFはもう、何も考えないで見るしかないのだろうか。ついていけない…
    こんなにCGに頼って良いのだろうか。もちろん役者は撮影が大変だったらしいが。それにしてもなんというタイミングの良さ。E.レッドメイン、こんな役もやるんですな。でもね、今回はC.テイタムでしょう。「フォックスキャッチャー」より引き締まった肉体で、ジュピターをいざという時、必ず助ける、女性ならメロメロでしょう。テイタムは表情に影があるのでなお宜しい。加えて、渋さがあるS.ビーンの配役も嬉しい。
    M.クニスのあの目力がセクシーなのだろうが、極めてばっちり気合いメイクはどうなんでしょう。スッピンが大変なことになっているらしいが。

    ということで、ケインが出てくると映像に心躍る。
    で、個人的には彼らのSF映画は小休止したいなぁ。「バウンド」みたいな作品を強く要望。

    違反報告
  • 泉
    3.0
    2015/4/1

    ミラ・クニスが着せ替え人形のようだな。

    滅茶苦茶豪華なキャスト。そして迫力あるシーンの数々。
    ・・なんだけどストーリーはまぁ、曖昧で大味ね。

    だけどそれを補って余りあるショーン・ビーンの魅力にやられた。
    魅力衰えないなぁ~チャニングとかエディとかも好きだけど、霞むわ。

    あれ、最後に翼生やしたショーン・ビーンが出てきたら萌え死にしたかも。
    それだけで見た価値ありました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 門倉カド(映画コーディネーター)
    門倉カド(映画コーディネーター)
    3.0
    2015/3/31

    【賛否両論チェック】
    賛:宇宙規模の大迫力のアクションに圧倒される。
    否:スケールが大きすぎるだけに、かえってチープな印象も受けてしまう。本格派には不向きかも。

    「地球が実は造られたものだった」という設定も驚きですが、宇宙の支配を目論む兄弟3人による覇権争いが桁外れのスケールで繰り広げられ、その世界観に圧倒されます。ただ逆に言うと、それだけ大きい規模の戦いをフルCGで描き出しているので、本格派の方が観るとかえって興ざめしてしまいそうな感じもします。
     物語は、自身の数奇な運命に翻弄されながらも、自分の意志で道を切り開いていこうとするジュピターの姿が印象的です。そして「王女と孤高のハンター」という、身分の違いを越えた愛も見どころの1つ。
     日頃感じている閉塞感から抜け出したい時に、是非オススメの作品です。

    違反報告
  • 杉ちゃん
    杉ちゃん
    2.0
    2015/3/28

     マトリックス・・大好きです!

     クラウド アトラス・・大好きです!

     そしてSF大作「ジュピター」とくれば、期待しないわけがありません。ところが・・・

     今思えば、本国アメリカで先行公開していたのに全く話題になっていなかったし、上映劇場も思ったよりも広がりませんでした。
     とにかく話が面白くありません。単純な話を無理に複雑にしようとしていて、逆にわかりにくくなっていました。また、CGも技術はものすごいのですが、トランスフォーマー並みにガチャガチャしていて、途中でどうでもよくなってしまうほどでした。そして、今回のアカデミー主演男優賞を取得したエディ・レッドメインも主要な役で出演していましたが、正直笑っちゃう演技でした。言い出したらきりがないのでこの辺でやめますが、ウォシャウスキー姉弟の次回作に期待します!!!ちなみにチョイ役でファンのペ・ドゥナが出ていたので星は2つとしました。

    違反報告