三波春夫「歌藝 終り無きわが歌の道」特別シネマ公演:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『三波春夫「歌藝 終り無きわが歌の道」特別シネマ公演』
三波春夫「歌藝 終り無きわが歌の道」特別シネマ公演
三波春夫「歌藝 終り無きわが歌の道」特別シネマ公演
-

三波春夫「歌藝 終り無きわが歌の道」特別シネマ公演

2013年6月22日公開、121分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『チャンチキおけさ』『世界の国からこんにちは』など時代とともに歩み親しまれ、2001年に他界した昭和を代表する歌手・三波春夫。本作では、1976年に芸能生活20周年記念し催されたリサイタル『終り無きわが歌の道』と、1994年の芸能生活55周年記念歌舞伎座リサイタルをHD映像・サラウンド音声にてデジタルリマスター。DVDになっていない貴重な映像も含まれている。1976年のリサイタルでは50代の三波春夫が大ヒット曲を歌う姿を、1994年では円熟期を迎えた70代の彼が『歌藝』の集大成として発表した長編歌謡浪曲『平家物語』をノーカットで収録。また、三波春夫の代名詞『俵星玄蕃』は両リサイタルで歌われている映像が収まっている。

ストーリー

浪曲師を経て歌謡界に進出、時代とともに歩み歌の道を突き進んだ三波春夫。1976年に催された芸能生活20周年記念リサイタル『終り無きわが歌の道』では、50代の三波春夫が、デビュー曲の『チャンチキおけさ』や『船方さんよ』、日本万国博覧会のテーマ曲となった『世界の国からこんにちは』などの大ヒット曲を披露。1994に催された芸能生活55周年記念歌舞伎座リサイタルでは、彼が追求した『歌藝』の集大成として、この年発表された長編歌謡浪曲『平家物語』を披露。また、三波春夫の代名詞『俵星玄蕃』は両リサイタルで歌われており、それぞれの年代の彼を味わうことができる。

キャスト

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2013年
製作国
日本
配給
ソニーPCL
初公開日
2013年6月22日
上映時間
121分

製作・配給:ソニー"Livespire" (ソニーPCL株式会社)
[c]キネマ旬報社