ウルフ・オブ・ウォールストリート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ウルフ・オブ・ウォールストリート

2014年1月31日公開,179分
R18+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

レオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ監督の5度目のタッグ作は、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの栄光と挫折を描く人間ドラマ。20代で証券会社を設立し、億万長者に上り詰めるも、証券詐欺の違法行為で逮捕されるまでの10年間を、ベルフォート自身がつづった回顧緑を基に映像化したものだ。

予告編・関連動画

ウルフ・オブ・ウォールストリート

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

22歳でウォール街の投資銀行に入社したベルフォートは学歴もコネも経験もなかったが、斬新なアイデアと一瞬にして人の心をつかむ話術で成り上がっていく。やがて、26歳で証券会社を設立し、年収49億円を稼ぎ出すも、常識を超えた金遣いで世間を騒がせる。“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになるが、彼には破滅が待っていた。

作品データ

原題
The Wolf of Wall Street
映倫区分
R18+
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント ピクチャーズ
上映時間
179分

[c]2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    あすしんあさたいマンマ

    5.0
    2020/11/13

    ネタバレになるかな?
    この作品、やってることは結構な乱痴気騒ぎなんだけど、レオが最後まで生きてます。
    レオって主人公なのに、結構映画の途中で死んじゃったりしますよね。
    これは最後まで生きていて、「その次は?」まであります。
    実話が元だけど、重くないので、楽しんで見られる一本だと思います。
    日本のバブルも、ある業種ではこんな感じでしたよ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    良心を捨てた男が、口先三寸で儲ける技術を他のセールスマンに伝授して、会社ぐるみ、徹底的に金を儲けようって話です。
    絞り取られるのは善良な小市民(これを読んでるアナタも、きっと)です。
    こういうセールストークを展開されると、ちょっと心が動いてしまうかも。
    つまり私も鴨なんですね。

    ピンクシート市場という、玉石混交の(=大部分が「ガラクタ」ばかりの)株式市場に登録されている銘柄を、何も知らない素人さんに売りつけるのが手口です。
    最初は有名企業株を取引させて、二度目でピンクシート銘柄を売りつけるという手の込んだ手口を使っています。

    セールス電話の掛け方なども、実にリアリティー豊か。
    きっとこの映画だけを見て真似をするチンピラも出現すると思うので(=昔、ナニワ金融道を読んでマネした馬鹿がいましたよね)、自衛のためにも、観ておくべき映画だと思いました。

    予防接種みたいなものかも。

    エピソードがみんな本物なので、圧倒的な説得力があります。
    事実は小説よりも奇、なんですよね。
    それを演ずるディカプリオの天才的な演技力。

    恐れ入りました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    5.0
    2014/7/7

    学歴もコネも貯金もなんもない人間が、周りの人たちを魅了するカリスマ性やトーク力などで、こうものし上がれるのかと...............。
    独立したときの人材集めもいいね~ぇ。
    ただの人だった社員もどんどんジョーダンマジックに掛けられたかのように成果を上げ、お祝いのドンチャン騒ぎはすごいし、ぶっ飛びすぎ!!
    かけ離れた世界観ながら、下品ながら、豪快すぎがまた面白い。
    デカプリオは好きな方じゃないけど、このデカプリオはよかった~ぁ。
    約3時間もある映画、疲れたけど面白かった!

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2014/2/27

    悪人でも何処か良い人だったり…
    姿が醜くても心優しかったり…
    明るくても悩みを連れていたり…
    暗くても孤独を愛していたり…
    どんなに不幸でも幸福だったり…
    人って、それぞれ魅力的だ
    が…なんて情緒のない、この映画の主人公
    魅力ない!どうでもいい!知りたくもない!
    なのに…これでもか~これでもか~と見せつけられる
    疲れた…

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2014/2/15

    人生は長距離走とするなら、彼はそこを短距離走並みに突進している。スピードを緩めるどころか、よりUPさせる。そのためにはしらふではやっていけない。あらゆるドラッグと快楽で、ある意味日進月歩。

    それにしても漫画のような、コントのような日々。利益を生むなら、何だってあり。だから狂わなければ、やっていけない?
    アメリカで口達者で金を稼げるのは弁護士とブローカーだな。相手をYESと言わせるまで、電話を切るな、売り込め、諦めるな!ふぅ。

    破天荒だが、部下に金持ちにしてやると確信したようなことを言う。自分の勤める会社のtopにそう言われりゃ、頑張るっしょ?その手段が違法であれ、オフィスが狂気に近い活気。バブルが膨れに膨れた状態。

    新入社員の時の戸惑いも含んだ表情がわずか数年であんなになるなんてっ!
    ウソのようなマジ?ドラッグ、レモンをやた後の行動が、本人も認める、生きてて奇跡。(映像は大分笑ってしまうけどね)

    長年あたためてきた内容だけあって、レオの演技も情熱溢れんばかりだ。オスカー獲れるといいねぇ。

    ところでM.マコノヒー、ほんのチョイ役でした。それなのに、何ですか!エンドロールでも残すあの歌と言い、ずるい。「マジック・マイク」と言い…この撮影は自身主役の「ダラス・バイヤーズ・クラブ」と重なっているのでしょうか。こちらも容姿が痩せているんで気になりました。

    M.スコッセッシもすごい映像を撮り続けてますね。特に今回の作品なんぞ、日本の映画監督では無理でしょう。あっ、比較すること自体、失礼しすぎました、ペコリ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2014/2/5

    話自体は「アメリカのホリエモン」的話で決して面白くはないのですが、さすがマーティンスコセッシ!ハチャメチャ人生を3時間飽きることなく見せてくれます。個人的に大好きな「グッドフェローズ」を彷彿させるほどです。とにかく観終わったあとは、誰もが何かわからぬエネルギーを感じるはずです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2014/2/1

    描かれているのは、違法行為を繰り返す新興証券会社の内幕ですが、では大手証券会社とどれほど違うのかと言うと・・彼らの半生を通じて”相場”というものがどういうものかを描いた作品と言えるでしょう。主人公の最初の就職先の上司からしてイッチャってますから。
    3時間以上の長編ですが、全然退屈しません。何しろ登場人物がみんなイッチャってますから。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    1.0
    2014/2/1

    株屋の口車に乗ってはいけない!と肝に銘じたくなる。
    予告編を見た限りではどこがR18+なんだろうと思っていたが、確かにこれはお子様にオープンではあきまへん!と思う。
    ウォール街で成り上がっていく様子は面白いんだけれど、R18+場面が多過ぎて集中意欲を削がれる。休憩時間なしの165分集中し続けられる作品ではない。上映時間を半分くらい削ってほしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/2/1

    レオの演技には何も文句も無いんだけど、誰を演じても、やっぱりレオナルド・ディカプリオにしか見えないんだよね。
    迫真の演技で上手に演じているんだけど、何なんだろうね。 レオの顔でレオの声だね。

    それは兎も角、とんでもない会社です。
    見てない人になんでR18?って聞かれましたけど、そりゃあそうです。こんなの子供に見せられません!!お父さん会社に行こうとしたら白い目で見られちゃいますよ。
    死に急いでいるとしか思えない生活。
    才能が有って野心が有ってお金を手に入れちゃって、天下ですね。
    あんなに簡単にお金騙し取れちゃうんですねぇ。
    彼がオレオレ詐欺とかやったら止められないかも知れない・・
    司法取引に使われた彼の部下たちはどうなっちゃったんでしょうか‥

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    4.0
    2014/2/1

    同じレオナルド・ディカプリオ主演の華麗なるギャツビーと比べて観てしまう。
    R18指定の映像がスクリーンを占めるが、後半には何かが語られている気がする。
    この映画が現実離れしていると思う人が多いと思うが、現実なのかも知れないと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告