そこのみにて光輝く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
そこのみにて光輝く
そこのみにて光輝く
-

そこのみにて光輝く

2014年4月19日公開、120分
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    15
  • みた
    54
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志が遺した唯一の長編小説を綾野剛、池脇千鶴らの出演で映画化したヒューマンドラマ。佐藤の生まれ育った函館を舞台に、それぞれ事情を抱えた3人の男女が出会った事から起きる出来事が描かれる。監督は『オカンの嫁入り』で新藤兼人賞に輝くなど、高い評価を得た呉美保。

配信で観る

ストーリー

採石場での事故というトラウマを抱える達夫はパチンコ屋でタバコの火を貸したのをきっかけに拓児と知り合う。お礼に飯を食べさせてやるという拓児の家を訪れるが、貧しく小さなその家は複雑な事情を抱えていた。ある日、拓児の姉・千夏が体を売って生計を立てている事を知り、彼女に足を洗わせるため、再び仕事に就く決意をする。

予告編・関連動画

そこのみにて光輝く

予告編

2014/2/13(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東京テアトル=函館シネマアイリス(北海道地区)
初公開日
2014年4月19日
上映時間
120分
製作会社
「そこのみにて光輝く」製作委員会(TCエンタテインメント=スクラムトライ=函館シネマアイリス=TBSサービス=ひかりTV=ギャンビット=TBSラジオ=太秦=WIND)

[c]2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会
[c]キネマ旬報社