恐るべき遺産 裸の影:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
恐るべき遺産 裸の影
恐るべき遺産 裸の影

恐るべき遺産 裸の影

1964年10月公開,84分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

実の両親が広島の原爆により亡くなり、自身も胎内被曝したことを知った女子高生が、辛い出自や原爆症に悩まされる姿を描く社会派ヒューマンドラマ。1964年の公開当時、30人の少女たちの入浴シーンが問題視された。監督は、「キャタピラー」の若松孝二。出演は、「稲妻」の三浦光子、「源氏物語」の花ノ本寿。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バレー部のレギュラーとして活躍するのりこは、明るい性格の少女だった。しかし誕生日に両親から、本当の母親の遺品である指輪をプレゼントされる。実はのりこの父親は広島の原爆で即死、母親は被爆し、のりこを出産するとすぐ死んでしまっていた。のりこは戸惑いながらも、義理の両親とともに前向きに生きようとするが、これまで経験したことのないめまいに襲われる……。

作品データ

製作年
1964年
製作国
日本
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?