エージェント:ライアン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エージェント:ライアン

2014年2月15日公開,106分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ハリソン・フォードらの主演でこれまでに4作が製作された、トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズ。『スター・トレック』のクリス・パインが4代目ライアンに扮し、世界を恐怖に陥れるテロに立ち向かう姿を描くサスペンス・アクション。ケネス・ブラナーが監督と、ライアンの敵であるロシアの富豪役を演じる。

予告編・関連動画

エージェント:ライアン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークの投資銀行に勤めるジャックには恋人にも言えない秘密があった。実は、CIA情報分析班のアナリストで、経済テロを未然に防ぐために奔走していた。ある日、モスクワの投資会社チェレヴィン・グループの不穏な動きを察知した彼は、“スパイ経験ゼロ”ながら、上司の指示でモスクワへ向かい、その証拠をつかむべく奮闘する。

作品データ

原題
JACK RYAN: SHADOW RECRUIT
映倫区分
G
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間
106分

[c]2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    馬ザップん

    4.0
    2020/12/2

    クリス・パイン、キーラ・ナイトレイでのこのシリーズは一番よかった。おもしろかった。次回作を期待。一寸前にBSで放送していて見たが、変わらず良い出来ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/19

    タイムリミットまでにヒーローが「何か」をしなければならない、っていう映画は、きっと何千本・何万本と作られてきたと思いますが、この映画には目新しい点が特に何も見当たりませんでした。 私ごとで恐縮ですが、トム・クランシーの邦訳作品はすべて読んだことがあり、もちろん若い主人公ライアンとその恋人が、長い年月を経て、最後にどうなるか、まで知っているのですが、だからこそ知っているはずの初恋時代にタイムワープしたみたいな不思議な感覚を味わいました。 それ以上の価値は、たぶん、ない映画だ……と思います。 が、ジェームス・ボンドの対極に位置する、つまり「愛妻家のスパイ」として、今後、映画界に地歩を記すシリーズになることを期待して、★四つを付けたいと思います。 ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/3/20

    スパイ物はドキドキハラハラ、スリルはあるけど..........................。 でもジャックは頭脳明細であらゆるものに目を光らせ、難関を突破してくわりに、いまいちその鋭さがない!! その点ケビンコスナーはさすがだね。 地味目にしてても存在感がある。 キーラ・ナイトレイもとてもキュートできれい! クリス・パインよりこちらのほうが存在感があったりして.........................。 ま~ぁ、スピード感がありそこそこ楽しめました。 それにしても、スパイも大変だ~~~ぁ。 超高額なサラリをいただいて、さっと足を洗い、のんびり暮らしたくなるよね。 ハリウッドらしい映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    2.0
    2014/3/5

    あまり印象に残らないスパイ物だった。 よくわからないけれど、特に訓練を受けてエージェントになったわけではないらしいのは、並外れた身体能力があるから? 主人公の表情が平板で、だからクールなのかもしてないけれど「ここ!」という場面だという緊迫感に今一つ欠けてしまう。 所々でうとうとてしまったのを残念と感じさせなかったのはいかがなものか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2014/2/28

    大好きな「ジャック・ライアン」シリーズです。 ジャックがなぜCIAの一員になったのかを 教えてくれる作品となっています。 「ジャック・ライアン」といえば ハリソン・フォードの印象が強いんですが クリス・パインの若きジャックは アクション、カーチェイス、バリバリやってくれます。 もちろん頭の回転も速くって、瞬時にあらゆる判断ができます。 いい意味で単純にスパイ映画として楽しめる作品となっています。 ケヴィン・コスナーのシブい上司役がハマってました。 そういえば、若い頃のケヴィン・コスナーで 「ジャック・ライアン」っていうのも見てみたかったなぁ・・・

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/2/20

     さすがは王道のスパイアクション。ハラハラドキドキの連続です。様々な危険を間一髪で切り抜けたり、様々な情報を駆使して実行犯の身元を突き止めたりする辺り、メッチャカッコイイです(笑)。そしてそんな彼に、 「1度も心配したことはない。」 とクールに告げる上司のハーパーや、彼のために体を張る恋人・キャシーの人間性にも、とっても共感が持てます。  展開はややご都合主義なところはありますが、それもまたスパイ映画の醍醐味。経済テロがテーマなので、やや難しい話も出てきますが、スカッとしたい時には是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/2/17

    頭が良くて、運動能力も有って、正義感溢れていて男前って、パーフェクトだな‥ でも老いて頼もしいウィリアム・ハーパーが格好良かった~ 展開は少々強引な気もするけど、色々アクション盛り沢山でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告