台風|MOVIE WALKER PRESS
MENU

台風

1934年公開,0分
  • 上映館を探す

「永遠に微笑む」「夫婦戦線」のノーマ・シアラーが「舗道の雨」「夫婦戦線」のロバート・モンゴメリーを相手に主演する映画で「恐怖の四人」「旅客機の怪盗」のハーバート・マーシャルおよび映画初出演の英国劇団の大女優パトリック・キャンベル夫人が共演する。原作は「グランド・ホテル」の監督者エドモンド・グールディングが書き下ろして自ら脚色監督に当たり、キャメラは「舗道の雨」「宝島(1934)」のレイ・ジェーンがクランクしている。助演者は「ママはパパが好き」の故リリアン・タッシュマン、「不思議の国のアリス(1933)」のスキーツ・ギャラガー、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス、「恋をしましょう(1933)」のアーサー・ジャレット、「側面の男」のヘレン・ジェローム・エディー「明日の太陽」のジョージ・K・アーサー、そのほかである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英国貴族レクスフォード卿は紐育に遊んでその地の社交界で美貌の誉高いメリイに恋し、ついに結婚して本国へ伴い幸福な5年間の夫婦生活の中に可愛い女の子までもうけた。折しもレクスフォード卿は所要でアメリカへ渡らねばならぬ事になったが仕事の性質上妻のメリイを伴っていくことが出来ぬので結婚以来初めてしばしの別居生活に耐えねばならなかった。その間メリイは卿の伯母ヘティに連れられてリヴィエラヘ転地したが、そこで紐育時代からの知り合いで有名な遊蕩児のトミイに巡り合った。トミイはメリイを真面目に恋したが、立派な夫のあるメリイはもとより相手にしないので1夜やけ酒をあおり酔った紛れにメリイの室の露台から下に落ちて大怪我をした。新聞紙にこの事件をメリイとトミイとの間に何かの関係のあった結果であろうと邪推してかき立てたので、それが紐育にあるレクスフォード卿の耳にまで達した。彼が英国へ帰ってからの夫婦仲はどうも以前の様に円満ではなかった。メリイは神に誓って身の純潔を告白したが、夫の心には一抹の解けがたい疑念が残った。2人はまた2度目別居生活に入りレクスフォード卿はスイスのサンモリツへ行って孤独の生活を送る中、メリイはあくまで疑い深い夫の態度に飽き足らずヘティ伯母のもとにあって公然とトミイと交際を続けた。メリイを愛する情の深いレクスフォード卿にはどうしても彼女を離婚する勇気がなかった。その心持ちをくんだメリイの方でも初めて夫の真心に感じ、全てを打ち明けて夫の許しをこい、 に更めて水入らずの幸福な夫婦生活が始まった。

作品データ

原題
Riptide
製作年
1934年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?