万能鑑定士Q モナ・リザの瞳|MOVIE WALKER PRESS
MENU

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳

2014年5月31日公開,119分
  • 上映館を探す

松岡圭祐の人気推理小説「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズを綾瀬はるか主演で映画化したミステリー。レオナルド・ダ・ヴィンチが手がけた歴史的な絵画“モナ・リザ”を巡る巨大な陰謀に天才鑑定士の莉子が立ち向かう。日本映画として初めてルーヴル美術館での撮影に挑むなど、日本とフランスを舞台にした壮大なスケールの物語だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

40年ぶりに“モナ・リザ”が来日する事になり、ルーヴル美術館のアジア圏代理人・朝比奈は、常に狙われる“モナ・リザ”を守るために天才鑑定士の莉子を学芸員候補として推薦。採用テストに合格した莉子は研修に励むが、“モナ・リザ”について知れば知るほど体に異変をきたしてしまう。その頃、“モナ・リザ”を巡る陰謀が動いていた。

スタッフ

佐藤信介

監督

松岡圭祐

原作

平野隆

企画プロデュース

濱名一哉

エグゼクティブプロデューサー

宇田学

脚本

羽深由理

音楽

大間々昂

音楽

下田淳行

プロデューサー

辻本珠子

プロデューサー

山田昌伸

アソシエイト・プロデューサー

原公男

アソシエイト・プロデューサー

志田博英

音楽プロデューサー

及川義幸

ライン・プロデューサー

大崎裕伸

ユニットプロデューサー

河津太郎

撮影監督

斎藤岩男

美術

塙雅夫

絵画制作

横野一氏工

録音

篠田公史

装飾

大坂和美

装飾

田口良子

スクリプター

加藤ひとみ

編集

辻野南

VFXスーパーバイザー

中野創平

ガファー

関山和昭

操演

宮本まさ江

衣装

本田真理子

ヘアメイク

李相國

助監督

高瀬大樹

製作担当

岩原貞雄

製作委員会

安田猛

製作委員会

市川南

製作委員会

掘義貴

製作委員会

石川豊

製作委員会

本田正男

製作委員会

加藤直次

製作委員会

和崎信哉

製作委員会

森越隆文

製作委員会

国貞泰正

製作委員会

宮本信人

製作委員会

田代秀樹

製作委員会

菊池剛

製作委員会

水上繁雄

製作委員会

嵐智史

製作委員会

岡田和則

製作委員会

上田太地

製作委員会

小野田光

製作委員会

菅井敦

製作委員会

藤井基晴

製作委員会

角谷亜紀

製作委員会

町田修一

製作委員会

池田隆一

製作委員会

小野寺幸宏

製作委員会

石黒研三

製作委員会

谷澤伸幸

製作委員会

橘佑香里

製作委員会

佐々木昭雄

製作委員会

山本五六

製作委員会

谷紳一郎

製作委員会

柴田三穂子

製作委員会

首藤明日香

製作委員会

古川範子

製作委員会

川崎朗

製作委員会

岡崎剛之

製作委員会

横地晶子

製作委員会

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
119分

[c]2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    いろ

    4.0
    2014/6/5

    万能鑑定士という名の通り、いろんなことまで鑑定できてすごかったです。 知識力というか記憶力というか本当にすごくて、見ていてすごい鑑定&推理でした。またそんな鑑定士が昔はアホだったことにビックリ!!もっと鑑定してるの見たかった気もしますが、ストーリーも良くて最後の最後まで楽しめる作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2014/6/4

    【賛否両論チェック】 賛:何といっても「人が死なない」のが魅力。グロシーンが苦手な方に是非オススメ。後半のどんでん返しの連続もステキ。 否:美術関係の話が多いので、興味のない人にはかなり苦痛かも。フランス語で日本語字幕が出る場面も多いので、小さい子には難しい。  前半は単調なシーンが多くて結構退屈ですが、後半になるにつれ、前半が全て伏線だったことに気づかされます。そして、二転三転する事態に、ハラハラドキドキ間違いなしです。  そして何よりこの映画の魅力は、「人が死なないミステリー」だということ。グロいのが苦手な方でも勿論余裕で観られますので、普段ミステリー映画が苦手な方にこそ、是非是非オススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/6/1

    最初から最後まで面白味たっぷりでした 優れた鑑定士と駄目記者が登場しますが… 優れた者が集まると、そこが真実の領域であるかの様に思えてしまう…沢山の知識を持っているから でも、ダメな人間って子供みたいに直感が鋭い…何も考えないから 人間の心理って不思議で複雑 「本物を見分けるには本物を沢山見ることだ」って中学校時代の美術の先生が言ってた 偽物を沢山見ることじゃないんだよね それにしても、この映画のモナリザ、大きくて全部偽物 本物を見た人には分かるよね 本物と同じサイズに出来ない理由があったんでしょうか よく出来た作品だけに残念でした

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2014/5/28

    観察力があるというかなんというか、鋭い鑑定! でも小さいころはおバカだったとか!? いろんなことが頭に入ってく技を身に着けてから変わったらしいけど、だれでもってわけじゃない。 そういった才能を見出してくれた人がいたから..........................。 本の匂い嗅いで頭に入っていくとか...........すごくない!! 私もそういう技が使えたらいいのに~ぃ。 でもそういった能力をまた狂わせるトリックというかなんというか、そういうのもあるなんて...................。 そんなこんなで事件に巻き込まれていくのがまた面白い。 モナリザの絵が燃やされそうになった時、一緒になって足つっぱってバケツ蹴りたくなっちゃったよね。 最後の盛り上がりがもう少しほしかったけど、結構楽しめました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告