マンゴーと赤い車椅子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マンゴーと赤い車椅子

2015年2月7日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

事故による脊髄損傷で歩けなくなってしまった女性が、周囲の人々に支えられながら、赤い車椅子を相棒に未来へ進み出そうと奮闘する姿を描くヒューマンドラマ。監督は「きつね」の仲倉重郎。出演は「奴隷区 僕と23人の奴隷」の秋元才加、「サクラサク」のNAOTO、「gift」の石井貴就、新人の吉岡里帆、「女たちの都 ワッゲンオッゲン」の杉田かおる。

予告編・関連動画

マンゴーと赤い車椅子

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

都内の内科病院に勤務する看護師の宮園彩夏(秋元才加)は、23歳の誕生日に4階の自室から転落。幸い一命は取りとめたが、脊髄損傷で下半身の感覚を失ってしまう。入院生活を送る彩夏の精神状態は荒廃し、故郷の鹿児島県大隅半島から出てきた母・洋子(愛華みれ)や病院関係者に不満ばかりぶつけていた。そんな彩夏の心を解きほぐしたのは14歳の小川龍之介(石井貴就)、18歳の外崎千尋(吉岡里帆)ら同じ車椅子の仲間たち、そして同室の高柳マリア(杉田かおる)、野田幸子(松金よね子)とその夫・清一郎(ベンガル)であった。さらに大隅半島に暮らす祖母・勝子(三田佳子)とのメールのやり取りが、彩夏の心の支えとなっていた。父・政春(榎木孝明)が「彩夏はお袋と似とる」というように、彩夏と勝子には不思議な強い繋がりがあった。痴呆の進む勝子との奇妙で少し哀しいメールを通して、彩夏は次第に笑顔を取り戻していく。ある日、自分の車椅子をオーダーする時、彩夏は家族が育てている赤いマンゴーを思い出し、真っ赤な車椅子を選択する。彩夏が入院して数日後、恋人の後藤(森宮隆)がようやく見舞いに現れる。妻のいる後藤にとって彩夏との関係は不倫であった。妻との間に子供が出来たという後藤は彩夏に別れを告げ、彼女の元を去っていく。その夜、車道に身を投げ出そうとしていた彩夏を救ったのは、同じ車椅子の入院患者でロックミュージシャンの五十嵐翔太(NAOTO)であった。彩夏の車椅子を“赤い戦車”と名付ける五十嵐に前を向いて生きる事を教えられ、彩夏は吹っ切れたようにリハビリに励むのだった。そんな時、真っ赤なマンゴーを持って田舎から勝子が見舞いに訪れ、彩夏をさらに勇気づける。だが、翔太は脊髄損傷が進行しギターが弾けなくなっていく体の変化に戸惑うばかり。ある日、彩夏は翔太からバンドのラストライヴのチケットを貰う。ライヴ当日、彩夏は理学療法士の菊池(仁科貴)らの協力を得て病院を抜け出し、会場へ向かう。それは彩夏が車椅子生活になってから初めて経験する“外の世界”であった……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
アイエス・フィールド(配給協力 アーク・フィルムズ)
上映時間
93分

[c]2015「マンゴーと赤い車椅子」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?