それでも夜は明ける|MOVIE WALKER PRESS
MENU

それでも夜は明ける

2014年3月7日公開,134分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

セックス依存症の男とその妹の姿を描き、話題を呼んだ『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン監督による、実話を基にしたヒューマンドラマ。奴隷制度廃止前の19世紀半ばのアメリカ南部を舞台に、“奴隷”と身分を偽られすべてを失った黒人音楽家が、再び妻子と会うために希望を捨てずに生きた壮絶な12年の月日を描く。

予告編・関連動画

それでも夜は明ける

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バイオリンの名手である黒人音楽家のノーサップは、2人の白人の裏切りに遭い、拉致されたあげく、身分を“奴隷”と偽られ、ニューオーリンズの地へ売られてしまう。そこで狂信的な選民主義者のエップスら、白人たちから容赦ない差別を受け、虐げられるも、ノーサップは決して“人間の尊厳”を失わないように誓うのだった。

作品データ

原題
12 Years a Slave
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
アメリカ イギリス
配給
ギャガ
上映時間
134分

[c]2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2014/5/31

    それなりに裕福そうなソロモンだったが、ある日突然鎖につながれ奴隷に!?
    奴隷でない人が奴隷に!? これが実話!?
    貧しい生い立ちだってエ~ッって感じなのに、意味わかんないし____________ぃ。
    こういうの見るとつくづく白人ってやなやつって思うよね。
    みんながみんなってわけじゃないんだけど..........................。

    人間をなんだと思ってるんだって感じ!?
    人としてお前はなんだって感じ!?
    どういう教育されてきたんだ~ぁってね。

    希望を失わず耐えた12年間、ソロモンは運よく助け出されたけど、いろんなことはまだまだ白人に有利に働いているようで...............。
    なんとも切ない!!
    でも黒人の中でもある意味差別的なものが...............。
    自由黒人や黒人奴隷。
    ソロモンは解放後、そうした運動にかかわっていったとか!?

    アメリカもどの国もそうだけど、こういう問題に目を背けててはいけないよね。
    人としてって考えたら..................................。

    そうそう、この映画、何気にブラビも出てたや~ん。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2014/4/10

    何処かの国で、この映画のポスターにブラピの顔をど~んと載せて、映画の内容にそぐわない!って問題になっていましたねぇ。
    確かに。ブラピ目当てで見る映画じゃないですが、重要な役ではあります。
    あの時代に南部で、奴隷を所有する白人を非難するなんてね。
    まぁ、彼はアメリカ人ではなくカナダ人だと言う事ですから、言いやすかったのでしょうか?
    それでも勇気の要ることです。そう言う勇気ある白人たちが少しずつ現れ、奴隷制度を撤廃したのは大いなる歴史ですね。

    そもそも自由黒人と奴隷との違いも良く解らないのですが。
    所有者だった主人が亡くなる時などに開放を遺言したり、自分でお金を溜めて主人に払って自由になったりしたみたいですね。
    ソロモンは自分じゃなくて親とかもっと前の代にそうして自由を手に入れたのかな?育ちが良さそうだもん。

    こういう人種差別って洗脳ですよね。彼らは自分たちより劣っているからどう扱っても良い・・みたいな。
    大なり小なり色んなところの日常にも潜んでいる。自己防衛の為なのかな・・

    理不尽で、残酷。
    それでも差別って、無くならないんだよねぇ・・

    ソロモンはやっぱり奴隷として産まれ育った人たちとは雰囲気も才能も違って、時には気に入られ、時には疎まれ、身を潜めて耐え忍び、何とか生きて帰れたんだけど、そうじゃなかった人の方が多い。
    だけど生きて帰っただけじゃなく、その後の活動が素晴らしい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2014/4/5

    ブラピのplan Bが製作で本年度、作品賞、という肩書がくっついて、観客を集める材料は揃った。

    でも、なんでしょう。あんまり食指が動かなかったんだが、劇場へ。

    あの時代、黒人は全員、綿摘みやら重労働をするっていうのではなかった。もちろん北部より南部の人が保守的で、黒人は奴隷として扱っている率高し。

    自由黒人というのは初めて聞いた。どのようにして彼らはそうなり得たのでしょう。ソロモン、いつ音楽を学んだんだ?その辺が切断されているので、当時のその区分がよくわからない。

    奴隷でも、その上に立つ白人の人柄でその奴隷の人生は、過酷になるかほぼ決まる。本当にピンチになった時、保証人のような白人。奴隷になる危機から、彼らで助かるなら「旦那さま~」でしょう。しがみつく。

    人間売買に鞭打ち、過酷な労働、性のハケ口。大勢の奴隷になる黒人がいる中、反乱が少ない。誰かが鞭打ちされても、吊るされても、見なかったことにする。
    主人公さえ、ようやく、やっとの思いで救いの手が来た時、他の黒人のことまで手におえなかった。守れるのは家族だけだろう。

    ソロモンは自由黒人だから救いがあったけれど、生まれながらの奴隷であったら、どうなっていたのだろう。知れれざること多し。正直、単一民族の日本人には到底理解が得られない。

    しかしブラピはおいしい所かっさらうなぁ。ずるい。ちなみにP.ジアマッティは、好きな役者であるが、イメージ的に白人至上主義感あり。(日本版サイドウエイに怒ってたしね)

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2014/3/16

    苦しい、ツラい映画でした。
    人類史上、あってはならない制度である
    奴隷制度の理不尽さに目を覆いたくなりました。
    でも目を覆っていてはダメなんだと改めて感じました。
    すごくツラかった2時間余りでしたが、
    主人公のソロモンは12年間もつらい思いをしたのであり、
    ソロモン以外の奴隷は一生がツラく厳しい人生だったんです。
    自由黒人という言葉も知らなかったんですが
    ソロモンは自由黒人だったので結果助かることができたけど
    大多数の黒人は奴隷というむごい仕打ちを受け続けていました。
    作品としてはアカデミー賞作品賞受賞もうなずける
    記憶に残る作品となり、
    セリフなしの長回しワンカットのシーンを効果的に使い
    表情、仕草、目の動きで奥深い表現を見せてくれました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2014/3/15

    今までにも黒人の奴隷をテーマにした作品はたくさんありましたが、いつも思ってしまうのは、白人はどうして必要以上にムチ打ちなどの暴力を振るうのかという疑問です。この映画も例外ではなく、ムチ打ちのシーンは多く、やはり最後は理由などなく打たれます。そして、今回も映画館を出る時に「人間同士で・・・」とブルーにありました。ちなみ、映画としてはよく出来た作品と思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2014/3/11

    アメリカの有色人種が受けてきた仕打ちのことを何も知らなかった、と「大統領の執事の涙」同様思った。
    自由黒人という言葉も今回初めて聞いた。
    本音を言えば、やっと身分を保証してくれる人に連絡が付いた時、助かるのは主人公だけというのは後味悪いことこの上もない。先に白状した通りアメリカの歴史についての無知ゆえか狙いはここだと思ったが、エンディングロールで説明される今事件の後日談からすると違うのだろう。大団円であってほしいと願ってしまうけれども。
    死者を弔う歌には涙腺が刺激される。音楽の力ははかりしれないくらいに深いと改めて驚く…と他のことを考えてしまった。全力で集中させられる作品ではなかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/3/9

    とても重く観るのが辛かった
    もう観たくない
    でも、観てよかった
    これをスローしたら、駄目な人間の様な気がする
    こんな事があって良いのか…これが真実だなんて…
    奴隷は使用物 使いたい放題 やりたい放題
    そして、 何故黒人なのか…
    白人は、何故偉いのか…

    泣かなかった
    泣いて解決しようなんて不謹慎だ
    しっかりと脳裏に焼き付けよう
    これは歴史の恥だ

    この作品が受賞した事で、綺麗事だけじゃなくなった アカデミー賞に好感を持った

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2014/3/7

     イメージとしては、「大統領の執事の涙」を、よりリアルに近づけた感じでしょうか。折檻するシーンなんかは、思わず目を背けたくなるくらい、容赦ありません。結構エグいです。演者さん達の迫真の演技に圧倒されます。
     これが人間の歩んできた歴史だと思いながら観ると、非常にやるせなくなるかとは思いますが、決して目を背けてはいけないのもまた事実。〝人間とは"改めて考えてみたい方にオススメです。

    違反報告