嫁ぐ死体:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
嫁ぐ死体
嫁ぐ死体
-

嫁ぐ死体

2013年12月1日公開、90分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中国な奇妙な風習をモチーフに、死体ブローカーを副業とする火葬場職員の男を描くドラマ。監督は「小蛾の行方」のポン・タオ。2013年11月30日より、東京・オーディトリウム渋谷にて開催された「中国インディペンデント映画祭2013」にて上映。

ストーリー

火葬場で働く曹には、人には言えない副業がある。それは女性の遺体を「鬼妻(独身で亡くなった男性の霊を慰めるため、女性の遺体を一緒に葬るという古い風習)」として売買するブローカーであった。重い病気を患った曹は、自分の死期が近づいていることを悟り、自分用に若い女性の死体をキープしておくことにする。そんな時、一人の女性が彼の働く火葬場を訪ねてくる…。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
焚屍人
製作年
2012年
製作国
中国
配給
(主催 中国インディペンデント映画祭実行委員会)
初公開日
2013年12月1日
上映時間
90分
製作会社
Heaven Pictures


[c]キネマ旬報社