フルートベール駅で|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フルートベール駅で

2014年3月21日公開,85分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2009年の元日、サンフランシスコで黒人青年が鉄道警官に銃で撃たれて死亡した事件を映画化。出演は「クロニクル」のマイケル・B・ジョーダン、「僕らのミライへ逆回転」のメロニー・ディアス、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタヴィア・スペンサー。サンダンス映画祭での作品賞と観客賞に加え、多数の映画賞を受賞。

予告編・関連動画

フルートベール駅で

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サンフランシスコのベイエリアに住む22歳のオスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は、前科はあるものの、心優しい青年だった。2008年12月31日。彼は恋人のソフィーナ(メロニー・ディアス)と、2人の間に生まれた愛娘タチアナと共に目覚める。いつもと同じようにタチアナを保育園へ連れて行き、ソフィーナを仕事場へ送り届ける。車での帰り道、今日が誕生日の母親ワンダ(オクタヴィア・スペンサー)に電話をかけて“おめでとう”と伝える。母と会話をしながら、新年を迎えるに当たって彼は、良い息子、良い夫、良い父親として、前向きに人生をやり直そうと考えていた。その夜。家族や親戚一同が揃って母の誕生日を祝うと、サンフランシスコへ新年の花火を見に行くことにしたオスカーとソフィーナは、タチアナをソフィーナの姉に預けに行く。オスカーとの別れ際、タチアナは不安を口にする。“恐いの。鉄砲の音がする。”仲間とカウントダウンを祝って花火を見た帰り道、電車内でケンカを売られる。仲間を巻き込んで乱闘になったところへ鉄道警察が出動。オスカーたちは、フルートベール駅のホームに引きずり出されてしまう。何もしていないと必死に弁明するオスカーだったが、警官たちは聞く耳を持たず、ついに事件が起きる……。

作品データ

原題
FRUITVALE STATION
映倫区分
PG12
製作年
2013年
製作国
アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
85分

[c]2013 OG Project, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2015/1/9

    悲しい実話。 刑務所に入ってたこともあるオスカーだったが、人の好さややり直そうという気持ちはとても伝わってくる。 恋人がいて娘がいて、母親にも優しく、他人にも動物にもちょっぴり親切にして!! この日もただ仲間と年越しで盛り上がりたかっただけなのに..........................。 ちょっとした出来事で取り返しのつかない悲劇になってしまうのがアメリカ社会なのか??? 人種差別はいつまでたっても終わらないのか?白人が黒人に対する態度は、目に余る。 特に権力をかざす警察の態度!! 似たような事件は何度となく怒っているのに、裁判をしてもなんだか甘い判決にいきどおりを感じるよね。 気丈にふるまってたお母さんも、電車で行けばって言った事にどんなに悔んだろう。 助かってほしかった(T_T) なんといっても娘がかわいそうだった!! あ~ぁ、やっぱり泣けた~~~~~ぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2014/3/30

    ショックでした。 あまりの出来事に心苦しくなりました。 こんな理不尽なことがあり得るのか・・・ と思ったけど、もしかしたらアメリカでは これに近いことがよくあるのかもしれません。 やっぱり人種差別が根強くあるんだろうと思います。 冒頭の実際の映像があまりにもむごかったので そこから始まる当日のオスカーの行動が 結末に向っていくのがつらかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2014/3/26

    凄くショッキング。 どうしてなんだろう・・と考える。 大晦日で騒ぐ客にうんざりしていた? 大晦日なのに仕事な事に不満を持って居た? 私生活で嫌な事が有った? 騒ぐ迷惑な客が続いて辟易していた? 彼らが黒人な事が関係しているの・・? 他の乗客の安全を守る為かも知れないけれど、どうしてあんなに鉄道警察は威圧的なのか‥ 映画の中のオスカーは過去を悔い、陽気で家族思いで、悩みながら前向きで、白人にも親切で。 勿論映画の中で美化されている部分も有ると思う。 彼らが全く悪くない・・とは言えないかも知れない。 でもだからと言って、あんな扱いを受けて殺されて良い訳じゃ無い。 それは、良く解る。 居合わせた一般客が酷い・・とショックを受け抗議をするような事態だったんだ‥ 死なないで・・と言うのは鉄道警察側の思いでも有っただろうし、すぐさま警察の不始末・・って問題にならないように裏で動いただろうし、そうなってからでは、加害者の警察から本当の言葉は引き出せないだろうし。 本当に、あんまりだ・・ずっと愛情深くて、気丈だったママの目線で見ちゃうから、本当にやり切れなかった。 銃社会は本当に怖いわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2014/3/26

    実際に携帯電話で撮影された事件当時のシーンから始まり、結末がわかっているため、上映時間の1時間25分中胸が痛い思いで観ていました。鑑賞後、単に「ついてなかった」では片づけられない想いから、しばらく胸の痛みが取れませんでした。意見は分かれる映画と思いますが、若い世代の方に多く見てもらいたい映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2014/3/25

    【賛否両論チェック】 賛:名もなき青年の死が、克明に描かれる。結末を知っているだけに、愛する者のために必死に立ち直ろうとする主人公の姿に感動。 否:描写がややグロい。「人種差別への問題提起」というと聞こえは良いが、主人公の性格は勤勉な日本人にはやや受け入れがたいかも。  まず冒頭に、実際のオスカーが射殺された瞬間の映像が流れ、衝撃を受けます。彼の最後の1日を追った作品なので、前半はかなり退屈です。淡々と進みます。しかしクライマックスは、結末を知っているだけに、胸が痛くなるような切なさがあります。  主人公の性格は、もしかしたら日本人にはなかなか受け入れがたい部分もあるかもしれませんが、「1人の人間の命の重さ」をストレートに問いかけてくる感動作なので、是非オススメです

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告