ポンペイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ポンペイ

2014年6月7日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬にしてすべてが灰に埋もれてしまったイタリアの遺跡ポンペイを舞台にした歴史アクション。火山の噴火で街に危険が迫るなか、復讐に燃える奴隷戦士の戦いと愛が描かれる。監督は『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』などアクションに定評のあるポール・W・S・アンダーソン。

予告編・関連動画

ポンペイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ケルト人騎馬族の生き残りでグラディエーターのマイロは、ローマ人への復讐心を胸に秘め、奴隷として戦いに身を投じていた。ある日、マイロはポンペイの有力者の娘カッシアと出会い、恋に落ちる。彼女はポンペイの平和と引き換えに上院議員との婚姻を迫られていたが、その男こそマイロの復讐の相手だった。そんな折、ヴェスヴィオ火山が噴火し街に危険が迫る。

作品データ

原題
POMPEII
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
カナダ ドイツ
配給
ギャガ
上映時間
105分

[c]2014 CONSTANTIN FILM INTERNATIONAL GMBH AND IMPACT PICTURES (POMPEII) INC. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Fujiko

    4.0
    2014/6/28

    折角の3D鑑賞なので中央よりやや前方の座席にしたところ、字幕が手前に飛び出す感じで最初は視点を移すのに苦労しましたが、映像だけでも想像しやいストーリー展開で、それほど長いセリフがないため、私でもなんとか聞き取れることがわかったので、字幕は放棄し映像に集中できました。
    ポンペイには四半世紀ほど前の学生時代、欧州周遊の際にちょっと立ち寄っただけで、その頃は廃墟には特に興味もなくガイドの説明もうろ覚えという体たらくでしたが、本作のような恋愛やら政治的確執も当時きっとあったはずで、そのような事を想像しながら観光すればもっと面白かったろうと思いました。
    ローマ帝国の討伐で一族が皆殺しにあったケルト騎馬民族の生き残りである主役のマイロは子供の頃に人さらいにあって奴隷となり片田舎(ローマから見たらロンドンはド田舎だったのね)で剣闘士として敵うものなしの活躍がローマ人の目に留まりポンペイへと連れてこられる途中でヒロインのカッシアと出会う。
    そのカッシアの母役が、マトリックスのトリニティだったので、マイロの友人となるアティカスがモーフィアスに見えてしまったよ。そして、なんといっても主役のマイロはかっこよかった。グラディエーターとしてはそう大柄な方ではないのだが、ぶっとい二の腕と機敏な動きで相手を倒す、この瞬殺(つまり相手に痛みを感じさせない)というのがちょっとした伏線になっているかな。それにしても、キーファー様はよくこのような悪役を引き受けたものだと。でも悪役似合うよね。イケメンな悪役が好きな私(笑)。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2014/6/18

    憎しみや欲望なんて、大自然には小さな事
    だから、無ければいいのに
    多くの愛、大自然には小さな事
    だけど、有ればいい
    みんな何処かへ行ってしまったけど
    世界への愛は、今のこの世界を救うと信じたい
    世界遺産ポンペイを感じながら…

    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2014/6/18

    ポンペイを訪れた時にヴェスヴィオ火山が間近に迫るその迫力に圧倒された事を思い出させる、街並みが再現されている映画館で観る価値があり、名作として語り継がれる事を確信します。
    地震も恐いけど、富士山が噴火しないことを祈りたくなります。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2014/6/10

    【賛否両論チェック】
    賛:自然の脅威と、人間の生きようとする力という、マクロとミクロの視点でのストーリー展開に感嘆。火山噴火の描写は圧巻。
    否:主人公が際どいところを生き抜いていくのはお約束か。かなりグロいシーンが多い。

     噴火とか地震とか津波とか、大自然の脅威をこれでもかと見せつけられる映画です。そんな自然の中にあって、必死に生き抜こうともがいている人間の生き様もまた、見事に描かれています。
     当然ながら、かなりグロい描写が多いので、その点は覚悟してご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    2.0
    2014/6/7

    火山の噴火により一夜にして消滅したポンペイの話は先日、世界遺産の番組でも取り上げていて、この悲劇的でドラマティックな歴史をどのように映画化したのかとても楽しみに鑑賞しました。結論から申しますと全くの期待はずれでした。ストーリーが驚くほど単純なことに加え、主人公の二人が恋愛に落ちる理由が観ていて全く理解できず、逆に「そんなわけねぇだろう」と突っ込みどころ満載でした。また。一番期待していた火山の噴火からのパニック・アクションシーンもどこかの映画で観たことあるような場面の連続で新しいものはなく、不自然に主人公だけに当たらない岩石群には呆れてしまいました。昔からハリウッドは歴史的話に無理やり「恋愛」を取り入れて「台無し」にしてきましたが、そろそろ学習してもらいたいものです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2014/5/29

    自然は恐ろしい。
    で、結局誰一人として助からなかったの?
    がんばって戦ったのはいったいなんだったんだ~ぁ。

    愛する人のために命をかけるのはいいんだけど、はかない恋だった。
    友情もよかった~ぁ......けど、誰か生き延びてほしかった~ぁ。

    今日も昨日に引き続き、噴火シーンでは足を突っ張ってしまったよ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2014/5/29

    この時代のローマは凄く発達した都市国家よね。諺にも「All roads lead to Rome」ってある。

    『第九軍団の鷲』って私の好きな映画が有るんだけど、そのローマの鷲がここにも出てくる。ここでは敵だけど。
    でも、日本人なら「テルマエ~」を思い出すかも。闘技場と浴場を作る。って言うのが大きなテーマなの。

    映像は迫力あります。日本人にはなれた地震(火山性の)は常にあるし、それに伴いクライマックスには市中を襲う津波。これもかなりリアルでちょっと辛い。

    後、ラストに納得できない!って人もたくさんいたみたい。
    私はあの方がリアルなんじゃない?って思いました。

    関係性はちょっと『タイタニック』っぽくて、でも白馬に乗ったキットと悪役丸出しのキーファーじゃ比べるまでも無く‥ですねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告