旅路(1958)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

旅路(1958)

1958年公開,0分
  • 上映館を探す

「楡の木陰の欲望」のデルバート・マン監督が、「王子と踊子」の原作者テレンス・ラティガンの舞台劇「別々のテーブル」と「七番目のテーブル」を映画化した作品。脚本はラティガン自身とジョン・ゲイの共同。撮影は「OK牧場の決斗」のチャールズ・ラング、音楽はデイヴィッド・ラクシン。出演者は「悲しみよこんにちは」のデボラ・カーとNiven、「深く静かに潜航せよ」のバート・ランカスター、「夜の豹」のリタ・ヘイワース、ウェンディ・ヒラー、グラディス・クーパー、フェリックス・エイルマー、キャスリーン・ネスビット等。黒白・スタンダードサイズ。1958年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリス海峡に臨む海岸町ボーンマス。夏は海水浴客でにぎあうが、冬は、孤独な男女の避難所となる。霧の深い冬の夕方、古ぼけた小さなホテル“ボーリガード”の前で、シビル(デボラ・カー)は、何日かぶりでホテルに帰って来たボロック少佐(Niven)に会った。少佐は何か気がかりなことがあるようだったがシビルは気がつかなかった。一見快活そうに見える少佐も、内気なシビルと同じく内心は孤独感にさいなまれていた。この2人はまた好意以上のものを感じあっていた。ホテルの滞在客はシビルの母ベル夫人、貴族出のレディ・マセソン、「競馬新聞」を手ばさないミーチャム嬢、過去の思い出だけに生きるファウラー、医学生のチャールズ、その恋人のジーン、それに人生に大きく傷ついた感のあるアメリカ人の作家マルカム(バート・ランカスター)であった。ホステスのホテルの経営者クーパー嬢(ウェンディ・ヒラー)はマルカムに献身的な愛をもち、またマルカムも結婚を申し込んでいた。しかし、いつか、昔の女がやって来てマルカムを取り返していくのをおそれていた。この恐れは現実となって現われた。突然ひどく派手な客、アン(リタ・ヘイワース)がやって来た。女の本能からクーパーはアンがマルカムの昔の女であることを知った。こんなある日、1つの事件がもちあがった。少佐が映画館で婦女子にいかがわしい行為を働いて留置場に入れられたというのだ。かねて、2人の仲を快く思っていなかったベル夫人は、強引に少佐追い出しを決めてしまった。1夜あけた朝、人々は自らの孤独感をひしひしと感じていた。シビルにはげまされた少佐はホテルにとどまって欠点を直すことを決意した。マルカムもアンの率直な告白を聞いて新しい出発を考えたークーパー嬢のきびきびしたホステスぶりで、ホテルの1日は明けていった。

作品データ

原題
Separate Tables
製作年
1958年
製作国
アメリカ
配給
松竹=ユナイト
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?