つぐない 新宿ゴールデン街の女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
つぐない 新宿ゴールデン街の女
つぐない 新宿ゴールデン街の女
-

つぐない 新宿ゴールデン街の女

2014年7月26日公開、87分
R15+
  • 上映館を探す
  • みたい
    0
  • みた
    0
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

新宿の一角にある木造長屋建ての店舗が所狭しと並ぶゴールデン街を舞台に、いわくありげな女、飲み屋を営む女とそのヒモ、常連客らそれぞれに過去を背負った大人の男女が織りなす人間模様を描く。新宿花園・ゴールデン街が本作に全面協力。監督はピンク映画出身で『ピンク七福神』のひとりに挙げられる「UNDERWATER LOVE-おんなの河童-」「かえるのうた」のいまおかしんじ。脚本は「再会」の佐藤稔。「共喰い」の荒井晴彦が脚本協力として参加している。ゴールデン街にやってきた女を「赫い情事」の工藤翔子が演じるほか、「青二才」の伊藤猛、「私の調教日記」の速水今日子、「蟹工船」の貴山侑哉らが出演。

配信で観る

ストーリー

東京都新宿区歌舞伎町一丁目。木造長屋建ての店舗がひしめきあう新宿ゴールデン街に昔の恋人・郡司(伊藤猛)が住むと聞いて、東子(工藤翔子)はやってきた。『罪ほろぼし』という名のバーを構える霞(速水今日子)のヒモとなっている郡司に会い、立ち去ろうとする東子。しかし店の常連客・山科(貴山侑哉)に誘われ再びゴールデン街に戻ってきて酒をあおいでしまい、服役して罪を償った気でいたら大間違いだと郡司に責められる。また郡司とやり直したいなんて考えていないのに、東子はなぜかゴールデン街から離れられないでいた。一方、心中穏やかでない霞は常連客と関係を持ってしまう……。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
日本
配給
インターフィルム
初公開日
2014年7月26日
上映時間
87分

[c]INTERFILM/KOKUEI/V☆パラダイス
[c]キネマ旬報社