大空港|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大空港

1970年4月25日公開,137分
  • 上映館を探す

猛吹雪の国際空港と旅客機の中でくりひろげられる人間模様と恐怖のアクシデント。製作は「モダンミリー」のロス・ハンター、監督は「36時間」のジョージ・シートン、アーサー・ヘイリーの原作を「三十四丁目の奇跡(1947)」「喝采」のシナリオで2度のオスカーに輝くジョージ・シートンが脚色。撮影は「愚か者の船」のアーネスト・ラズロ、美術はアレクサンダー・ゴリッツェンとE・プレストン・エイムズ、セット装飾はジャック・D・ムーアとミッキー・S・マイケルズ、音楽を「キャメロット」の故アルフレッド・ニューマン、衣装を「イヴの総て」でオスカーを得たイーディス・ヘッドがそれぞれ担当。出演は「泳ぐひと」のバート・ランカスター、「5枚のカード」ディーン・マーティン、「ペンチャー・ワゴン」のジーン・セバーグ、「経験(1969)」のジャクリーン・ビセット、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディ、「追想」のヘレン・ヘイズ、「駅馬車(1965)」のヴァン・ヘフリン、「経験(1969)」のバーバラ・ヘイル、「白昼の死刑台」のダナ・ウィンター、それに舞台の名優バリー・ネルソン、モーリン・スティプルトンなど。テクニカラー、トッド・AO・70ミリ。1970年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ中西部地方を襲った30年来の猛吹雪のため、リンカーン国際空港は痛烈な打撃をうけていた。空港のジェネラル・マネージャーのベーカースフェルド(バート・ランカスター)は、トランス・グローバル航空旅客係のタニア(ジーン・セバーグ)の援助をうけ、空港の機能維持のため狂奔していた。このとき着陸に失敗した大型ジェット旅客機が主要滑走路に胴体を横たえてしまった。この致命的な事故の処理を、ベーカースフェルドは、トランス・ワールド航空の保安係主任パトローニ(ジョージ・ケネディ)に依頼した。このような事件の過程で、ベーカースフェルドは、派手好きな妻シンディ(ダナ・ウィンター)のいる冷たい家庭からの慰めをタニアに求めるようになっていた。一方、この空港からいましもボーイング707 機が飛び立とうとしていた。機長のデマレスト(ディーン・マーティン)と副機長のハリス(バリー・ネルソン)は、ともにベテランのパイロットだったが、主要滑走路がふさがれていることを非常に心配していた。デマレストはベーカースフェルドとは義理の兄弟であったが、強情な2人はそれぞれの立場を譲らず、事故機の処理について激しく言い合うのだった。このデマレストには、現在他人に言えない悩み事があった。妻のサラ(バーバラ・ヘイル)がいるにもかかわらず、スチュワーデスのグエン(ジャクリーン・ビセット)と恋仲になり、彼女に子供までできてしまったのである。そうこうしているうちに、いよいよローマ行きボーイング707 機が離陸することになった。このとき、ベーカースフェルドとタニアが気づいたにもかかわらず、密航常習の老婦人クオンセット(ヘレン・ヘイズ)が、まんまとこれに乗り込んでしまった。吹雪をついて機が離陸したあと、大変な問題が明るみに出た。イネス(モーリン・スティプルトン)という女が、彼女の夫D・O・ゲレロ(ヴァン・ヘフリン)が、彼女に生命保険金を残すため、爆弾を抱いたまま飛行機に搭乗したと告げてきたのだ。ゲレロは戦争中の傷のため精神に異常をきたしていたのだ。この恐怖の事実は、ただちに無電でボーイング707 に知らされた。機内はものすごい恐慌状態に襲われ、一度はクオンセット老夫人とグエンの働きで爆弾の入ったアタッシェ・ケースを奪い取ったが、すぐそれはゲレロの手に渡ってしまった。機長のデマレストは必死の説得にかかったが、突然トイレに駆け込んだゲレロは、爆弾を爆発させてしまった。その結果、ゲレロは惨死、グエンは重傷を負い、機体には大きな破損箇所ができてしまった。そして、機内の気圧は急速に低下、乗客たちは酸素不足に苦しみはじめた。デマレスト達は、ただちにリンカーン空港に引き返す処置を取り、遭難信号を受けた空港側も万全の準備体制を整えた。いまや陸と空との緊密なチームワークによる、救難作業が開始された。そして、パトローニが指揮する作業員たちの活躍で、事故旅客機が滑走路から除かれ、その一瞬後に、ボーイング707 機は、無事その巨体を空港に着陸させた。おのおのの生活背景の翳りをみせながらも、関係者たちの顔には、人生におけるひとつの苦しいドラマを終えたという、安堵感が一様に表われていた。(ユニヴァーサル配給*2時間17分)

作品データ

原題
Airport
製作年
1970年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル
上映時間
137分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • ettam

    3
    2013/9/21

    この作品のヒットにより、その後も続編が製作されるなど1970年の人々には楽しめるパニック映画だったのだろう。飛行機が飛んでいる状態での逃げ場のない恐怖感を感じることができたし、まさかのダイナマイト爆破、その後の更なるパニックは古めかしさを感じつつも楽しめる作品だ。現代の映像処理技術があればもっと迫力ある見せ場が作れると感じざるを得ないが、それは現代の映像処理技術に慣れてしまったがために感じることであり、1970年の技術で撮影されたものなのでそこはいた仕方ない。
    ただ、この作品では登場人物それぞれのバックグラウンドが上手く描かれ、ストーリーが展開していく。様々な人たちのドラマがそこにはある。でも、よくよく考えるとパニック映画ってそういう人間模様は描かれてるなぁと思ったりも…。この作品はパニック映画の基礎的な作品と感じます。
    客室乗務員役で出てきたジャクリーン・ビセットの美しさと可愛らしさが印象的だ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • okara

    3
    2009/6/21

    ’70の幕開けとして封切られたと思いますが、その当時に映画館で観ました。密航常習の老婦人のコミカルで可愛いくて微笑ましい演技に後で気づいたんですが、「武器よ、さらば」でゲーリー・クーパーの恋人役のあの美しい看護婦さんヘレン・ヘイズだったんですね。あれから今年は、すでにもう39年!!驚きと同時に月日のたつのはまさにアッというまですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告