劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

2015年2月13日公開,77分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フィンランド人作家のトーベ・ヤンソンによって生み出され、世界中で人気を博す「ムーミン」。同作の母国で製作された初めての劇場版長編アニメ。バカンスで地中海の町へとやってきたムーミン一家に訪れる初めての危機が描かれる。全編手書きによるアニメーションは、色味や音楽など、原作の雰囲気を尊重して製作されている。

予告編・関連動画

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

バカンスで地中海沿岸の地リビエラへとやってきたムーミン一家。ところが、フローレンが現地のプレイボーイの虜となり、ムーミンはやきもちを焼くように。また、貴族と友達になり、自らを“ムーミン伯爵”と呼ぶムーミンパパにムーミンママが腹を立て、親戚が暮らす古いボートで過ごすようになるなど、ムーミン一家にピンチが訪れる。

作品データ

原題
MUUMIT RIVIERALLA
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
フィンランド
配給
ファントム・フィルム
上映時間
77分

[C] 2014 Handle Productions Oy & Pictak Cie [C] Moomin Characters TM All rights Reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    3.0
    2015/3/14

     数十年前に観ていたテレビのムーミンと違い、単にほのぼのした感じなのではなく、社会風刺敵で原作の感じがよく出ている。さすがは、母国フィンランド製作(ただ、監督はフランス人なんだけど)。
     ただ、スニフにはゲロを吐いてほしかったし、スノークやモラン、飛行鬼にも出てほしかった。スナフキンって、あんなに顔色悪かったのか。文庫本の挿絵は色がついてないし、昔見ていたテレビ版はあんな色じゃなかったのに。
     次は、ムーミン谷の彗星かムーミン谷の夏まつりを映画化してほしい。
     それにしても、ムーミンのあのセリフは衝撃的だ。「そんな恰好だめだよ、何も来てないみたい。」って!

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    1.0
    2015/2/14

     ムーミンの作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念して、母国フィンランドで初めて製作されたムーミンの長編アニメーション!幼い頃からのムーミンファンとしては、初日の一回目、朝8時40分からの回を小学生の息子と鑑賞してきました。日本のアニメ版と比べて色合いが薄く、画風もさっぱりした感がありましたが、声優が殆ど同じだったので違和感なく観ることができました。しかし、何よりもストーリーが面白くなく、地味なエピソードの連続で上映時間1時間17分にも拘らず幾度と睡魔に襲われました。また、大好きなスナフキンも冒頭と最後だけの登場だったし、スニフなんか一瞬だけの登場でセリフすらありませんでした。本場でのアニメ化なので、こちらが原作に忠実なのかもしれませんが、改めて日本のアニメの面白さを痛感させられました。ちなみに一緒に行った息子はそこそこ面白かったと言っていましたが、帰りの車の中では、テレビ版のムーミンの話ばかりでした。

    違反報告