KANO 1931海の向こうの甲子園:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
KANO 1931海の向こうの甲子園
KANO 1931海の向こうの甲子園
4.2

KANO 1931海の向こうの甲子園

2015年1月24日公開、185分
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    5
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本から台湾へと渡り、現代台湾野球の礎を築いた名将・近藤兵太郎。彼の教えによって台湾代表として甲子園でプレーをし、人々の心をつかんだ嘉義農林野球部員たちの姿を描くヒューマンドラマ。台湾代表が国内の高校生たちとともに甲子園で白球を追っていたという知られざるエピソードが明らかになる。永瀬正敏が近藤兵太郎を演じる。

配信で観る

ストーリー

日本統治下の台湾。嘉義農林野球部は新任の近藤監督によるスパルタ式の練習で甲子園を目指すことに。連敗続きだった彼らは練習を通して、勝利への強い想いを抱くようになる。31年の台湾予選大会で連勝を続け、南部の学校で初めて優勝した彼らは台湾代表として日本へ向かう。そして、甲子園でのその戦いぶりは観衆の心をつかみ、日本中で話題になっていく。

予告編・関連動画

KANO 1931海の向こうの甲子園

予告編

2015/1/8(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
台湾
配給
ショウゲート(提供 ソニー・ミュージック レーベルズ=ショウゲート=tvk=朝日新聞社=ミリカ・ミュージック)
初公開日
2015年1月24日
上映時間
185分
製作会社
果子電影有限公司

[c]果子電影
[c]キネマ旬報社