フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

2015年2月13日公開,125分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨大企業の若手CEOと平凡な女子大生との恋を描き、ベストセラーとなった同名小説を、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』の女性監督サム・テイラー=ウッドが映画化したラブストーリー。元モデルのジェイミー・ドーナンと『ソーシャル・ネットワーク』のダコタ・ジョンソンという期待の若手コンビが主演を務める。

予告編・関連動画

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子大生のアナは学生新聞の取材で、巨大企業のCEOでイケメンの大富豪グレイを直撃。取材を重ねる度に2人は親密になっていくが、グレイは“君を放っておけない”と言ってひきつけたかと思えば、一転、“私に近づくな”と突き放したりする。アナはそんなグレイの言葉の真意を探ろうとする。

作品データ

原題
FIFTY SHADES OF GREY
映倫区分
R15+
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
125分

[c]2015 Universal Studios. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とし

    2.0
    2021/6/19

    2021年6月19日
    映画 #フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (2015年米)鑑賞

    過激な性描写が売りの映画ですが、すべてにおいて中途半端だった
    SMの紹介みたいなところもあり、女性が興味津々で見る映画なのかも
    監督も女性だし
    まあ、主人公の #ダコタ・ジョンソン は可愛かった

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    2.0
    2015/3/2

    話題に惹かれたカミさんのお供で観賞。結果、カミさんブーイングの嵐です。だから、やめとけって言ったのに~
    PVとPRの煽り過ぎ!ロマンチックでも官能的でも美しくもありません。すべてが中途半端。流れが起承転で切れて終わり。SMとロマンスの融合と言う新たな分野を普通館で上映するという空回りの意気込みだったのでしょうか?
    肝心の濡場画はフラッシュショットと無意味なズームアップ、絡みは巨大な黒ボカシ被せで「見にくい」というより「醜い」!
    バージンが2週間で喘ぎまくり?AVか!?SMシーンも唐突で滑稽。美も昇華も無し!
    日本には「団鬼六:花と蛇」という巨匠名作があり、マニアックながらも絶賛されるSM映像があり、日活ロマンポルノがあります。少しは見習って欲しいものです。
    原作本が絶賛されたとしても、その本質が映像化できなければ「無駄」と言うより、原作者に対しても観客に対しても「無礼」です。三部作の原作量に追い付けない終わり方になってしまったのだとしても、デリケートな作品なだけに奇を衒っただけの仕立てには不満が募ります。
    若い2俳優の頑張りと、美術さん・照明さんの努力に敬意を表しての☆です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    2.0
    2015/2/27

    グレイがなぜあのような50の歪んだ顔を持つようになったのか、いつ明かされるのかと思ったら、エンドロール。
    きっとエンドロールの最後に、ヒント映像でもと思ったら、劇場の電気が・・・
    なんだろう、この中途半端な終わり方は、と思っていたら、先日、本屋で見つけました。続編「フィフィティ・シェイズ・ダーカー」と「フィフィティ・シェイズ・フリード」。三部作だったのか!

    R15にするためなのか、あのボカシは酷い。でも、高校生には観せられないシーンが多い。それなら、いっそのことR18にした方が潔かったような気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/2/16

    【賛否両論チェック】
    賛:最初は自分に自信が持てなかった主人公が、初めて経験する恋愛を通して変わっていく姿が印象的。
    否:悪く言うと、「SM好きな御曹司の変態映画」で片づけられてしまいそう。過激なラブシーンが多すぎる。

     人間の支配欲もここまで突きぬけると、ある意味立派です(笑)。変わった形でしか愛を表わせないグレイと、そんな彼の世界観に次第に溺れていくアナが、奇妙な愛の姿を作り上げていきます。最初は自分を卑下していた主人公が、〝従属者”にされていくことで、逆に自分に自信を持っていく矛盾も、印象に残ります。
     ただし、描写はかなり過激で、デートなんかで観ると気まずくなること必至です。1人で変わった映画を観たい時に、ご覧下さい(笑)。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2015/2/14

    ありきたりの恋愛に思えた
    男と女は恋愛に対する思いが違う

    女はロマンを求める
    少しの束縛は心地よい
    少しの支配は許してあげたい

    男は身体を求める
    自分の物だと思う
    何処か女を見下している

    そうじゃないと思わせて欲しい
    男は単純で嘘が下手

    違反報告