の・ようなもの のようなもの|MOVIE WALKER PRESS
MENU

の・ようなもの のようなもの

2016年1月16日公開,95分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

若手落語家の青春を描いた故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』のその後を描くコメディ。生真面目でさえない若手落語家が、もう一度高座に立つよう兄弟子を説得するために始めたおかしな共同生活のゆくえがつづられる。主人公を松山ケンイチ、兄弟子役で『の・ようなもの』で主役を務めた伊藤克信が同じ役で出演する。

予告編・関連動画

の・ようなもの のようなもの

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

師匠の家に住み込みながら修業する若手落語家の志ん田は真面目すぎてパッとしない。そんな彼は昔、一門にいた兄弟子の志ん魚を一門会に復帰させるために探し出せと師匠から命じられる。やっとの事で見つけ出したものの、二度と落語はやらないと言い張る志ん魚の心を動かそうと、志ん田は共同生活を始める。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
95分

[c]2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2016/1/19

    松山ケンイチ、この人は『デス・ノート』以来観ているけど、やはり不条理っぽい役の方が良いね。最近だと『天の茶助』かな。普通の青年を演じると、どうも「普通の青年」になってしまう。
    この映画では、北川景子を押したい。この人は美人だけど、意外に美人でコメディと言うか、3枚目を演じられる人は少ない。例えば『ジャッジ!』とか『謎解きはディナーのあとで』かな。ぜひ松坂慶子みたいな大女優になって欲しい。
    あとは、やはり伊藤克信という人の魅力でしょうね。このどうしようもない人の魅力。これもコメディの華でしょうね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/1/17

    【賛否両論チェック】
    賛:一門の危機に奮闘する主人公の姿が、まるで落語のようにコミカルに描かれていくのが楽しい。思いのほか豪華なキャストにも驚き。
    否:説明セリフや、少し古風な言い回しが多いので、その辺りはやや好みが分かれそうなところか。

     落語家のお話ですが、ストーリーそのものも、まるで1つの落語のような世界観です(笑)。不器用で下手くそな駆け出しの落語家が、一門のピンチに孤軍奮闘する様子が、ユーモアたっぷりに面白おかしく描かれていきます。
     そしてこの作品のもう1つの魅力が、超豪華なキャストの面々。急逝された森田芳光監督にゆかりのある方々が多数出演されており、
    「おお!ここでこの人!?」
    なんて、思わず感動してしまいそうなくらいです(笑)。
     セリフの言い回しなんかは、少し好みが分かれそうな気もしますが、クスッと笑って楽しめる、ほんわか落語コメディに仕上がっています。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2016/1/16

    さりげなく笑えて癒されて平和。
    落語って究極の一人芝居ですよね。
    一人で努力する事も出来るし、諦める事も自由。
    でも、自分で選んだ道。
    誰かに強制されたわけじゃ無い。
    高座にあがらなきゃわからない喜びもある。
    まず、あがらなきゃ。
    …内海桂子さん、何でこんなに面白いの~

    違反報告