薄氷の殺人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

薄氷の殺人

2015年1月10日公開,106分
PG12
  • 上映館を探す

中国北部を舞台に起こった、ある女性と接点を持つ者たちがバラバラにされる猟奇的な連続殺人事件を、虚無感漂う映像で描いたクライム・サスペンス。第64回ベルリン国際映画祭でコンペティション部門最高賞にあたる金熊賞と銀熊賞(男優賞)を受賞した。監督は「スパイシー・ラブスープ」などの脚本を担当、監督した前2作も国際的に高い評価を得たディアオ・イーナン。生きる目的を失った孤独な元刑事を「ライジング・ドラゴン」「戦場のレクイエム」のリャオ・ファンが、事件の鍵を握る儚げな未亡人を「GF*BF」「藍色夏恋」のグイ・ルンメイが演じ、ただならぬ凄みを感じさせる愛を体現する。

予告編・関連動画

薄氷の殺人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1999年。ひとりの男のバラバラにされた遺体が6都市15ヶ所の石炭工場で相次いで見つかった。プライベートで問題を抱える刑事ジャン(リャオ・ファン)は、この猟奇的な殺人事件の捜査にあたっていた。容疑者としてあがった兄弟は逮捕時に抵抗し射殺され、真相はわからずじまいになってしまう。それから5年後、この事件と同様の殺人事件が2件起こる。辞職し警備員となっていたジャンも独自に事件の調査を進め、ウー(グイ・ルンメイ)という未亡人に行きつく。被害者たちはいずれも殺される直前にウーと親密な関係にあった。やがて彼もまたウーに惹かれていくが……。

作品データ

原題
白日焰火
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
中国=香港
配給
ブロードメディア・スタジオ
上映時間
106分

[c]2014 Jiangsu Omnijoi Movie Co., Ltd. / Boneyard Entertainment China (BEC) Ltd. (Hong Kong). All rights reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.4
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/1/12

    【賛否両論チェック】 賛:静かな雰囲気の中、いきなり事件が起こったりと、ハラハラのさせ方が印象的。謎解きの要素もあり。 否:伝えたいことはよく分からない。ラブシーン・グロシーンもあり。  謎解き要素は勿論ですが、BGMが少な目な雰囲気の中で、急に予想外な出来事が起こったりなど、緩急が非常によくついている印象がします。ただ、ミスリードのためなのかは分かりませんが、 「このシーン・・・要る?」 「この登場人物・・・必要?」 と感じてしまう部分も、結構あります。主題歌も、正直物語の雰囲気にはあまり合っていないように感じます。  ラブシーンやグロシーンもありますので、ミステリー好きな方であれば、観ておいて損はないかと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告