ズタボロ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ズタボロ

2015年5月9日公開,110分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

作家・ゲッツ板谷の自伝的小説を松田翔太主演で映画化した『ワルボロ』の続編となる青春ドラマ。立川を舞台に、晴れて高校生となった主人公が、仲間との友情を取り戻すため、暴走族、不良集団、ヤクザなどの抗争に巻き込まれていく姿を描く。主人公のコーイチ役には「仮面ライダーウィザード」で仮面ライダービーストを演じた永瀬匠。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中学を卒業し、悪友のヤッコやキャームと地元最凶の暴走族入りしたコーイチ。高校に進学し、新たな仲間や清美という恋人もできて、ケンカに明け暮れるも充実した毎日を過ごしていた。ところがある日、理不尽なヤキに耐えきれなくなったヤッコが引きこもってしまい、友情を取り戻すため、コーイチはヤクザに弟子入りして報復を誓う。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
110分

[c]2015 東映ビデオ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/5/16

    【賛否両論チェック】
    賛:何度ボコボコにされても、自分の信じるもののために立ち向かっていく主人公の姿が痛快。
    否:自伝小説の映画化なので、伝えたいことはよく分からない。暴力描写や性描写も多数あり。

     若さに任せて、後先を省みないことばかりしていた主人公が、現実の闇社会の残酷さをまざまざと見せつけられ、少しずつ現実に立ち向かっていこうとする様がカッコイイです。これでもかというくらいボコボコにされてもなお、信じるもののためにひるむことなく立ち上がる姿に、感慨深いものがあります。
     ただ全体的には、主張が良く分からないような描写も多数織り込まれているので、正直苦手と感じる方も多いと思います。出演者や原作など、何かしらのとっかかりがある方は、観ておいて損はない作品といえそうです。

    違反報告