プリデスティネーション|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プリデスティネーション

2015年2月28日公開,97分
R15+
  • 上映館を探す

「宇宙の戦士」で知られる作家、ロバート・A・ハインラインの小説を映画化した、イーサン・ホーク主演のSFサスペンス。携帯型タイムマシンで過去や未来を行き来する時空警察のエージェントが因縁深き凶悪な連続爆弾魔を追う姿を描く。監督は『デイブレイカー』で注目を浴びたマイケル&ピーター・スピエリッグ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1970年のニューヨークのとある酒場。店を訪れた青年がバーテンダーに奇妙な身の上を語り始める。自分は女として生まれ、18歳の時に男と恋に落ちるも、男は失踪、子供も何者かに誘拐されたため、自身の命を守るために男になったという。そのバーテンダーは実は未来から来た時空警察のエージェントで、彼に復讐のチャンスを与える。

作品データ

原題
PREDESTINATION
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
オーストラリア
配給
プレシディオ
上映時間
97分

[c]2013 Predistination Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Queensland Pty Ltd and Cutting Edge Post Pty Ltd [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.1
  • rikoriko2255

    ナコナコ

    2.0
    1ヶ月前

    永劫回帰やパラドックスといった感じの話。 イーサンホークが会いに行った男性も、女性が恋に落ちた男性も、女性が産んだ子供も、イーサンホークが追う爆弾魔も、結局全てが自分だったという発想は面白い!面白いけど前半のダラダラ長い会話とか、もっとどうにか出来たんじゃないかと思ってしまう。 産んだ子供も結局自分だったり、恋に落ちた相手も自分だったりと固定概念を捨てて見ないと難解です。(アマプラにて鑑賞)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2020/6/21

    面白い作品を探してネタバレレビューを読んでいたのを慌てて止めて鑑賞。これは面白いです!タイムトラベル物は数あれどこれは好きな作品です。 私の好きな、過去へ戻っていく始まり方。前半はバーでの二人の会話を中心に進んできます。年代が重要だけどちょっと追いつかないのでネタばれを読んでおいた方がいいかも。幼年期のもどかしさ、切ない恋、苦しい思い、絶望感。登場人物達の心情とタイムワープの非現実的な設定が映画を観ていて高揚感を感じさせます。男の話し方を練習するシーンはとても悲しい。ジョンが出会いのシーンで「こんな顔をしてたのか、美しいな」と思わず漏らすほどジェーンの笑顔は可愛かったです。 ジェーンを巻き込んでしまった後悔の念かと思いきや、やけどの負った自分、タイムワープのやり過ぎで精神を病んでしまった自分、体の手術痕。ああ、すべてが繋がっていくこの快感!ラストは自分に撃たれるのを待つだけの身になるとは。思わず鑑賞後に年表を書いて確認してしまいました。 とにかく主演の二人がとても魅力的。綺麗なサラ・スヌークのちょっとやさぐれた男装は素晴らしいです。イーサン・ホークも素敵。二人が顔を突き合わせ語り合うシーンはなんか好き。1時間半ほどの上映時間でここまで濃い内容は観ていて大満足。またお気に入りの作品が増えました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    TokyoElephant

    2.0
    2019/4/10

    ▼シナリオ: 2 - SFクライムかと思いきや、タイムパラドクスの話 - タイムトラベル物の基本はストーリーの分岐をどう鮮やかに解決するかだが、本作では珍しく同じ手順を踏む。この点を面白がれるかで本作の評価は変わると思うが、私は本作に意義やメッセージを感じ取れなかった - 前半ジェーン語りすぎな割に後半は読み取らないといけないシーンが多い - 推測だが、上司の目的は爆弾魔が役割を果たし、結果的により多くの人を助けることとタイムトラベル研究の成長 ▼役: 1 - 傲慢で自己愛が強く孤独と言えど、自分と恋に落ちるというのが全く理解できなかった - 主人公にとっての目的や愛について語られているが、ストーリー成立のための後付け感が強いので、主人公の行動への共感ができず消化不良だった ▼ルック: 3 - 全体的にセット感が強い - スペースコープのデザインは好き ▼音楽: 1 - メリハリなく大げさ ▼レコメン: 3 - 他の方の意見を聞きたい

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/3/26

    【賛否両論チェック】 賛:大方の予想を覆す、壮絶なラストが魅力的。最初は訳が分からなかったシーンも、最後に全てつながっていくのが見事。 否:前半は思い出話なので、かなり退屈。展開もかなり難しいので、“タイムスリップモノ”と聞いて想像するような楽しさはなし。  前半はジョンの思い出話で占められているので、正直かなり単調で退屈です。ストーリー自体も結構難しくて頭を使いますが、その分終盤はそれまでの全ての伏線から、たたみかけるように真実が明かされていくのに驚かされます。 「えー!?そう来ましたか!?」 っていう感じです(笑)。  納得出来るかどうかは別として、一本取られる意外性のある作品に仕上がっています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2015/3/23

    SF作家の大御所ロバート・A・ハインラインさんの「輪廻の蛇」が原作と言う本作は躊躇無く観賞。予想以上に「凄い!」映画です。 難解なSF世界をよくここまで映像化できたものだと感心するしかありません。タイムループパラドックス物映像化の極致かもしれません。 自分が自分を産み出し見守り、やがて自分を抹殺する。延々と繰り返されるタイムループの中で少しずつ状況が変化し矛盾が生じるパラドックス。鶏が先か卵が先か?「自分」の始まりも終わりも際限なく繰り返される。何かがおかしいのに、止められない。狂気紙一重のスリルとサスペンス、そして愛情と信頼。 主演のイーサンさんの「知っている当事者」としての緊迫感あふれる演技もさることながら、サラさんの「知らずにいた当事者」として女性から男性へ転換し、自分を身篭らせ、産ませ、拉致し、成長させる、それを行ったのが自分と言う驚愕の世界の人物を演じた力は主役を食う凄さです。 目の前に居るのも、見守っているのも「自分」という矛盾。これの映像化を果たした、マイケル&ピーターの双子監督には脱帽です。「デイブレイカー」の結末も驚きましたが、本作はそれ以上です。 セットや衣装も時代らしい渋みを醸し出し、“昔の世界で想像されていた未来風情”とのバランスも良く、味わいのある画に仕上がっています。 タイムマシン系SFがお好みの方には是非ご覧いただきたい逸品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告