デイブレイカー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デイブレイカー

2010年11月27日公開,98分
R15+
  • 上映館を探す

人間の大半がヴァンパイアと化した、2019年の世界を舞台にしたSFアクション。ゾンビ映画「アンデッド」のピーター&マイケル・スピエリッグ監督が、人間とヴァンパイアのパワーバランスが逆転した恐ろしくも奇妙な世界を創造。銃撃戦などの激しいバトルシーンのほか、血が入った飲み物が売られているなどの細かい設定も斬新だ。

予告編・関連動画

デイブレイカー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

未知のウイルスが蔓延し、多くの人間がヴァンパイアと化した世界。彼らは人間に代わって普通の社会生活を営むようになるも、深刻な血液不足に悩まされる。製薬会社に勤める研究者のエドワードは、その問題を解消するために代用血液の開発に挑む。だが彼は、自身もヴァンパイアでありながら、絶滅危機にある人間の未来を案じていた。

作品データ

原題
Daybreakers
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
オーストラリア=アメリカ
配給
ブロードメディア・スタジオ(提供 ポニーキャニオン=ブロードメディア・スタジオ)
上映時間
98分

[c]2008 Lionsgate and Paradise Pty Limited, Film Finance Corporation Australia Limited and Pacific Film and Television Commission Pty Limited. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2010/11/17

    ヴァンパイアが世界の大半を占め、文明社会を支配する世界。 人間は隠れ住み、見つかれば家畜にされる。 今の卵を産む為だけ生かされている鶏みたいにね。一歩歩いたら骨が折れちゃう鶏よ。 人間の減少によって血液不足に成ったヴァンパイアは更に恐ろしい化け物に変化する。見境を無くし、手は蝙蝠の羽のようになる。 そんな中、人の血を飲むことを拒み続けるヴァンパイアエドワードは、人間の救出団体に出会うんだな。 まぁ、デフォー演じるライオネルの登場シーンの格好良い事。スナフキンみたい。 彼は特別な人間。元ヴァンパイアなんだから。 設定には無理が有るんだけど、文明生活を送る人間じみたヴァンパイアたちの生活は面白い。 残酷なシーンも多いから、私は結構目を覆ったけど・・ エドワードの家のセキュリティは甘すぎだと思うわ。 フランキーには、もうちょっと人生を味わって欲しかったなぁ・・ ラストのライオネルの登場シーンも格好良さ過ぎるわよねぇ。惚れ惚れしちゃう。 そこからラストシーンへの流れは凄く綺麗。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告