夏への扉 ーキミのいる未来へー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

夏への扉 ーキミのいる未来へー

2021年6月25日公開,118分
  • ムビチケ前売り券
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

SF作家ロバート・A・ハインラインの名作小説「夏への扉」を、『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩監督が舞台を日本に移して映画化。『キングダム』の山崎賢人が人生のすべてを奪われた科学者に扮し、30年の時を超えて自身の未来を取り戻そうとする。主人公に力を貸すヒューマノイドロボットを藤木直人が、数奇な運命に翻弄されるヒロインを清原果耶が演じ、主題歌を「鬼滅の刃」の楽曲で知られるLiSAが務める。

予告編・関連動画

夏への扉 ーキミのいる未来へー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1995年の東京。科学者の高倉宗一郎は、亡き父の親友であった松下の遺志を継ぎ、プラズマ蓄電池や実用化ロボットの完成を目指していた。愛猫のピートと松下の娘の璃子に支えられながら研究に没頭する毎日を過ごしていたある日、宗一郎は共同経営者と婚約者の裏切りによって研究も会社も奪われてしまう。その挙句に強制的に冷凍睡眠させられた宗一郎が目を覚ますと、そこは30年が経過した2025年の東京だった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
東宝=アニプレックス
上映時間
118分

[c]2021「夏への扉」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

1.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?