HERO|MOVIE WALKER PRESS
MENU

HERO

2015年7月18日公開,120分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

常識にとらわれず自身の価値観で犯罪捜査を行う型破りな検事・久利生公平の活躍を描く、木村拓哉主演の人気TVドラマが8年ぶり2度目の映画化。とある国の大使館裏で起きた事故の捜査を巡り、久利生が治外法権の壁に立ち向かう。ドラマ第2シリーズのレギュラー陣に加え、第1シリーズの雨宮舞子役・松たか子が8年ぶりに登場。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ネウストリア大使館の裏手の路上で女性が車にはねられて死亡する事故が発生し、東京地検城西支部の久利生検事が事故の捜査を担当する事に。久利生はネウストリア公国大使館が事件に間接的な関係があるとにらむが、治外法権の大きな壁が立ちはだかる。さらにネウストリア公国との外交問題にも影響を及ぼし始め、外務省から圧力を受けてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
120分

[c]2015フジテレビジョン、ジェイ・ドリーム、東宝、FNS27社他 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2016/1/11

    どの社会にもルールがあり、それが仮に理不尽であったとしても、守ることを求められる。ただ一方で、正義は個々の価値観に基づいており、ルールとぶつかる事はある。会社、学校、社会集団ならよくあることだが、普通はルールが勝つ。秩序の安定を求めるから。
    久利生公平は、それに対して自分の信念で人を動かし問題を解決していく。だから、HERO。周りの仲間もみんないい人で、赤信号を渡る人を待っていたのか、一緒に渡ろうと頑張ってしまう。きっと、会社や学校にそんな人が現れるのを待ってるんだろうな。チームワークに感動して涙が止まらない。
    ただ、映画館で観なくてもいいかなと思う。スクリーンで絵としてみた場合、木村さんや松さんもそろそろねえ。いい役者もそろってるけど。ダンプも大使館も海外シーン?もねえ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2015/7/30

    八嶋ファンのカミさんのお供で観賞。面白いですヨ。
    「あ~、やっぱり木拓の久利生ならではだ~」という感じで安定しています。
    とにかく脇が贅沢!北川さん、松さんはじめ、佐藤さん、濱田さん、松重さん、八嶋さん、小日向さん、角野さん、田中さん、イッセーさんetc.個性派の好いところが出まくりです。久利生と雨宮の微妙な感覚が良いですね~
    架空の国の大使館絡み事件とはいえ、国内で片付いたのが残念。ラストシーンだけで無く、もう少し現地ネタが欲しかったと思います。現地で巨大ソーセージを7本食ってほしかった~
    シリーズとして文句なく期待できる秀作です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/7/22

    久利生公平(木村拓哉)はおそらく、自分の為に生きているし、それがわかりやすく、また支持されている理由だと思う。
    昨今大手企業の不祥事が世間をにぎわせているが、皆、売上げの為、利益の為、会社の為、そして上司の為に働いていて、自分の為、家族の為、社会の為を考えていないということがよく分かる。
    北川景子は、ファンの方には申し訳ないが、そういう私も大のファンではあるが、脇役の方が、輝いているように思う。松たか子は申し分ないし、木村拓哉との掛け合いは本当に面白い。
    名だたる出演者の中でも、吉田羊を推したい。この人は劇団出身で、とにかく「つかみ」がうまい。こういう人がまだまだいるところに、日本映画の凄さがある。
    そして、もう一度聞きます。あなたは、自分の為に生きていますか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2015/7/20

    【賛否両論チェック】
    賛:事件の真相を追う中で、「人と人とが分かり合うこと」を目指して奔走する主人公の姿が感動的。予備知識がなくても楽しめそう。
    否:展開としては、少し都合が良すぎる印象で、ややあっさり終わってしまった感が否めない。

     さすがは人気ドラマ、演者さん達の息もピッタリで、一癖も二癖もある登場人物達の丁々発止のやり取りが繰り広げられ、思わず笑ってしまいます。
     そんな中で、普通ならば簡単に諦めてしまうような絶対不可能な状況下にあっても、決して臆することなく真実に向かって突き進んでいく主人公の姿が、非常に痛快でステキです。そして、
    「国が違えば、習慣や宗教は違う。それでも、国境を超えて分かり合えるものは沢山ある。」
    と、国を超えて相手を理解しようと奮闘する姿は、観ていて勇気や感動を与えてくれます。
     予備知識はなくても充分楽しめますが、知っていた方がより楽しめるのは間違いありません。番組の歴史と、映画ならではの新しいエッセンスが合わさった、王道の作品といえそうです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2015/7/19

    初日の一回目に鑑賞。
    テレビを見ないので、テレビ版での鑑賞はありません。
    自宅の3D42型テレビは、懐かしい映画のBlu-ray鑑賞の為に有るとゆう感じです。
    連れの友人の話では、フジテレビでは「HERO」の特集を沢山やっていたとか…
    試写会もやらないテレビ局の自信を感じました。

    映画を観ての感想…
    テンポ良く楽しめた。
    会話も楽しい。
    事件は交通事故ですが、大使館やら、ソーセージやら、久利生検事の人柄やら、復活したらしい雨宮舞子やら、仲間思いな仲間やらで大事件になっています。

    テレビ見てなくても楽しめた。
    個性豊かな俳優ぞろいで、ミーハーな私はワクワク出来た。
    劇場版の前作は観てみようかな…

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2015/7/18

    珍しくテレビシリーズは見ていたけれど、映画版は初めて見ました。
    テレビ版サイズの作品で、テンポ感があり、結構楽しいです。
    雨宮舞子さんが再登場なのはワクワクしました。
    エンドロールでは第1シリーズの登場人物たちのショットがあり懐かしかったです。

    初日挨拶中継の回を見ましたが、始まるまでが長かったし、始まってから最後までずっとグダグダだったのは頂けません。

    違反報告