WILD CARD ワイルドカード|MOVIE WALKER PRESS
MENU

WILD CARD ワイルドカード

2015年1月31日公開,92分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムが、ラスベガスの裏社会を牛耳るマフィアに腕っ節ひとつで対峙する用心棒を演じるクライムアクション。「明日に向って撃て!」のウィリアム・ゴールドマンによる原作・脚本を「エクスペンダブルズ2」のサイモン・ウエストが監督。共演は「マチェーテ・キルズ」のソフィア・ベルガラ、「ラブリーボーン」のスタンリー・トゥッチ。

予告編・関連動画

WILD CARD ワイルドカード

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ラスベガスの裏社会で用心棒として生きる元エリート兵士のニック(ジェイソン・ステイサム)のもとに、何者かに酷い暴行を受け瀕死の重傷を負った元恋人から、犯人の正体を突き止め復讐してほしいとの依頼が舞い込む。ラスベガスの表も裏社会も熟知しているニックは、すぐにその犯人を見つけ出し、脅威のスキルで瞬く間に依頼を完遂させる。だが、その男の背後には強大な権力でラスベガスを掌握する凶悪マフィアの存在があった。窮地に追い込まれたニックは、命を懸けた壮絶なバトルに身を投じていくが……。

作品データ

原題
WILD CARD
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
クロックワークス
上映時間
92分

[c]2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/2/11

    【賛否両論チェック】
    賛:主人公のクールなキャラクターが印象的。軽快なトークと技術で相手を圧倒する姿も、非常に痛快。
    否:一連のカジノのシーンの必要性には、賛否が分かれそう。グロシーンも結構あり。

     劣勢に立たされても微動だにせず、大胆不敵な発言を繰り返す主人公が、とても痛快です。
    「2つだけ質問する。」
    のくだりなんか、メッチャカッコよすぎます(笑)。反面、アルコールとギャンブル依存症という〝臆病者”の一面も持ち合わせる彼の人間性が、この物語をより際立たせています。
     PG-12なので、直接の描写は少ないものの、グロシーンは割と多いので、ご注意下さい。アクションはそのままに、今回は軽快なトークも併せ持つという、いそうでいなかったジェイソン・ステイサムを観られる作品です(笑)。

    違反報告