劇場版 境界の彼方 I’LL BE HERE 過去篇:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
劇場版 境界の彼方 I’LL BE HERE 過去篇
劇場版 境界の彼方 I’LL BE HERE 過去篇
4.0

劇場版 境界の彼方 I’LL BE HERE 過去篇

2015年3月14日公開、87分、アニメ/ファンタジー
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    4
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

妖夢を討伐する異界士の少女と半妖の少年との出会いを描いた、京都アニメーションによるファンタジーアニメ「境界の彼方」を二部作で映画化。「過去篇」では、2013年に放送されたテレビシリーズの出来事を、ヒロインの栗山未来を中心に振り返る。「涼宮ハルヒの憂鬱」や「けいおん!」など京都アニメーション作品に携わってきた石立太一が監督を務める。

配信で観る

ストーリー

異形の存在である妖夢と人間の間に生まれた半妖の少年・秋人は、ある日の放課後、屋上からいまにも飛び降りそうな少女・未来と出会う。未来は妖夢を討伐する事を生業とする異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。一見、平凡な高校生のように見える彼らの日常は、その出会いを機に変化していく。

予告編・関連動画

劇場版 境界の彼方 I’LL BE HERE 過去篇

予告編

2014/12/18(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
松竹
初公開日
2015年3月14日
上映時間
87分
製作会社
境界の彼方製作委員会(京都アニメーション=ポニーキャニオン=ランティス=TBSテレビ)(アニメーション制作 京都アニメーション)
ジャンル
アニメファンタジー

[c]鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
[c]キネマ旬報社

こちらもおすすめ