母と暮せば:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
母と暮せば
母と暮せば

母と暮せば

2015年12月12日公開、130分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

長崎で暮らす女性と原爆で亡くなったはずの息子が繰り広げるエピソードをつづる、山田洋次監督によるファンタジー。吉永小百合と二宮和也が不思議な体験をする親子役で初共演するほか、山田監督作の『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた実力派・黒木華が浩二の恋人・町子を演じる。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1948年8月9日、長崎で助産婦をしている伸子の前に3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二が現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれなかった」と語る浩二は以来、伸子の前に現れるようになる。浩二はかつての恋人・町子の事を気にかけながらも、「町子に好きな人ができたら諦めるしかない」という母の言葉を受け入れられなかった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
130分
製作会社
「母と暮せば」製作委員会

[c]2015「母と暮せば」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.4 /15件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?