ブラック・フィルム:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ブラック・フィルム
ブラック・フィルム
-

ブラック・フィルム

2015年1月24日公開、82分、ホラー/サスペンス・ミステリー
1
-
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

映画のオーディションを舞台に、主役を狙う若い女優たちの嫉妬や憎悪が引き起こす怪奇現象を描くサスペンス・ホラー。監督・脚本は、「KIDS」の荻島達也。出演は、元モーニング娘。で、「とびだせ新選組!」の新垣里沙、「work shop」の古川雄大、「ゾンビアス」の中村有沙、「はなればなれに」の斉藤悠。

ストーリー

女優となり、映画に出演することを夢見る中沢沙織(新垣里沙)。幼い頃に父を亡くし、病弱な母と妹を守ってきた彼女にとって、女優になることは母への恩返しでもあった。しかし、母の余命がいくばくもないと知った沙織は、最後のチャンスとしてあるオーディションに参加する。それは、海外の映画賞を総なめにし、新進気鋭と称される監督・田澤啓一(赤塚真人)の最新映画「リアル・アクトレス」のキャスティングを兼ねたワークショップだった。そこには、各プロダクションイチオシの新人俳優である男女12名の他、映画プロデューサーの宮崎亮介(天宮良)やチーフ助監督の小川卓也(古川雄大)も参加し、一週間で配役を決めるという。沙織のひたむきな演技が評価され、事務所の代表・佐藤豊(渡辺裕之)の薦めもあり、主役に抜擢されるという声がささやかれ始めたころ、大手芸能事務所の若手女優・大垣美穂(中村有沙)が参加してくる。沙織とは対照的に華やかでしたたかな美穂は、主役を獲るためなら手段を選ばない。その執念と憎悪に、沙織の心も次第に黒く染まっていく……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
日本
配給
アルケミーブラザース
初公開日
2015年1月24日
上映時間
82分
製作会社
「ブラック・フィルム」製作委員会(製作:有限会社サンブリリアント/製作協力:川越オフィス=美粧屋=アンサー)
ジャンル
ホラーサスペンス・ミステリー

[c]キネマ旬報社