海難1890|MOVIE WALKER PRESS
MENU

海難1890

2015年12月5日公開,132分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

和歌山県沖で台風に遭遇し沈没したトルコ軍艦の乗組員たちを村人たちが救った1890年のエルトゥールル号海難事故と、イラン・イラク戦争でイランに取り残された日本人たちの救出にトルコ人たちが尽力した1985年のテヘラン邦人救出劇。日本とトルコの絆を深めた2つの事件を通して、人が人を思う気持ちの大切さを描く。

予告編・関連動画

海難1890

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山県樫野崎沖で台風に遭遇し沈没。地元の人々は乗組員たちへの献身的な救助活動を行った。1985年3月、イラン・イラク戦争の勃発で政府は邦人のテヘラン脱出のためにトルコへ協力を要請。救援機が空港へ到着するや、トルコ人は日本人の搭乗を優先させてくれた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本 トルコ
配給
東映
上映時間
132分

[c]2015 Ertugrul Film Partners [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    史実として日本がトルコを助けたこと、そしてトルコが日本のために救援機を飛ばしたこと、この2点の史実だけで、ここまできちんとした作品を作り上げられたことに感嘆しました。

    日本人が「海の民」として、太古の昔から、海で遭難した者が出れば何を投げ打ってでも助けるという美風を有していたことが、この作品のキモになります。

    この映画において、英雄は一人ではありません。数名でもありません。
    ハリウッド映画とは対照的に、ここは日本なのです。

    人々は自分自身が英雄であることすらも知らぬままに淡々と生き、年老いて、次の世代にその生きざまを引き継いでいくだけです。
    しかしその日本人としての生き方こそが、真の勇者の生き方であるのだと再認識させられるのでした。

    トルコが1985年に、イランイラク戦争さなかのテヘランに救援機を飛ばしてくれたことが、次のポイントになります。
    このエピソードは、しかし1890年の遭難の時の恩返しという意味付けはごく薄いのです。

    むしろ、トルコ人がトルコ人として生きている生き方こそが、英雄的なのです。
    まったく異なる宗教と言語と人種である両国が、それぞれのまっとうな生き方として選んだものが、他人を助けることであったという共通点を味わってみるべき映画だと感じました。

    もちろん、この両国の絆が強まることは、地政学的にも好ましいことです。古代中国の范雎ではありませんが、日本が近隣に非友好的な複数の大国と接している現在、両大国の下腹部に親日的な友好国が存在していることが、どれほど好ましいことであることか。
    まさに「遠交近攻策」ですね。

    トルコ側の全面協力で成立したこの映画が、少なくとも日本とトルコでヒットすることを祈願しています。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2015/12/13

    【賛否両論チェック】
    賛:時代や国を超えて、どこまでもお互いを思いやれる人間の温かさや素晴らしさに、涙が止まらない。ラブシーンやグロシーンもほとんどないので、安心して観られる。
    否:上映時間がやや長めで、前半の冒頭はいわば〝凪”の部分なので、少し退屈かも。

     個人的には、人の温かさや真心に、こんなに泣いた映画は初めてです(笑)。危険を顧みずに救助に当たり、目の前で助けを求めるトルコの人々のために、不眠不休で介抱を続けた大島の村人達の無償の愛に、まず感動させられます。そして台風が去った後も、漁に出ないと自分達の食糧すら足りないにも関わらず、乗組員達のために遺品を探し続け、見つかった物は1つ1つ綺麗に磨き、繕って返してあげる。亡くなった乗組員達にも、出来る限り1人1人の棺を用意し、丁重に弔う。それでいて、決して見返りを求めない。そんな日本人の温かい心持ちに、涙が止まりません。
     そして時代は流れても、人の温かさがしっかりと受け継がれていき、今度はトルコの人々が日本人のためにと、自分達の命の救出機を譲ってくれる。極限状態にあるにも関わらず、お互いを思いやれる人間の素晴らしさに、もう最後まで涙が溢れてしまいます(笑)。
     お話はやや長めですが、それを感じさせないくらいの感動巨編に仕上がっています。是非大切な人と一緒にご覧になっていただきたい、そんな作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2015/12/9

    1890年の海難事故、そして1985年のテヘラン救出劇。我々は、もう忘れていませんか?
    この二つの事件/事故には日本とトルコの絆の物語があります。私もトルコには何度か仕事で行きましたが、彼らは非常に誇りが高く、閉口させられたことがあります。しかし、逆に言うとその分信義に厚いとも言えます。
    さて、物語は、かつてトルコを助けた日本を、今度はトルコが助けようとする話です。テヘラン空港に足止めされた日本人にトルコ人達は、自分の席を譲ることができるでしょうか!
    「彼らを救えるのは、我々しかいない。」いい言葉ですね。我々もこの言葉で他国の人々を救えるでしょうか?皆さんご自身が問われています。 

    違反報告
  • rikoriko2255

    gutenberg

    3.0
    2015/12/7

    美化しすぎて、戦前の国策映画のようになってしまったが、この史実を知らない多くの日本人に観てもらいたいと思う。
    ただし、トルコの救援機が飛ぶまでの過程で、実際は伊藤忠商事の方がオザルに頼んだ話が全く出てこない。外務省は無力だった筈。また史実ではオザルが「恩返しだ」と言ったと記憶していたが、そういうセリフにはなっていなかった。

    最後に、テヘランまで日航機が救援に飛ばなかったことは誠に腹立たしい限り。関係者は日本で飛行機を待機させていたなどと言い訳するが、そうであればドバイかアンカラまで飛ばして待機しておけばよかった。自国民を助けに行かないナショナルフラッグがあったとはあきれてものも言えない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    4.0
    2015/12/6

    トルコと日本の友好作品です。
    いろいろ脚色されているのでしょうが、
    ほぼ実話ということで楽しみました。
    最後にトルコ政府によるメッセージがありました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/12/2

    実は、私本籍地は和歌山なんですよね。住んだ事無いのに。
    でも、この出来事の事は知らなかった。和歌山にいる親戚に聞いたら、そんな事が有ったって事は流石に聞き知っていたみたい。
    映画化される事は知らなかったけど。

    私の故郷佐渡の『飛べ!ダコタ』もそうだけど、困っている人を見つけたら助ける。嘗ての敵だとか、異国の人だとか、台風中だとか、貧しいとか、関係無い。
    そう言う心って、今は残っているかな・・?

    後半ちょっと臭いけど、生き残ってしまった悔しさとか、必死で救おうとする姿とか、やっぱり感動的です。
    空爆の下、助けてくれた御恩、忘れちゃいけません。

    トルコのオザル首相ルックスは兎も角、やたら格好良かったな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告