原宿デニール:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
原宿デニール
原宿デニール
-

原宿デニール

2015年5月16日公開、89分、青春
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東京・原宿を舞台に、様々な思いを抱きながら生きる職業や年齢・国籍の異なる若者たちの姿を映し出す群像劇。監督・脚本・編集は「ホテル ビーナス」のタカハタ秀太。出演は「祖谷物語 おくのひと」の武田梨奈、日韓混合ボーイズグループBEE SHUFFLEのミンス、ジュノ、ジュン、シュウタ、ギュミン、本作が女優デビューとなるモデルの麻宮彩希、「くそガキの告白」の今野浩喜。

配信で観る

ストーリー

駐禁キップを切っている婦人警官・横山マイ(武田梨奈)は、先輩刑事(今野浩喜)との関係に悩み、今日も一人で一喜一憂している。外国人観光客の多い原宿のストッキング専門店で働く韓国人青年・ソン(ミンス)は、“デニール数(パンスト生地の厚さの単位)”を一目で見抜く特技があり、友人のペク(ジュノ)と通りすがりの女性に声をかけ、デニール当てゲームに興じていたが、ひょんな事から横山と出会う……。一方、芸能界にスカウトされることを夢みて竹下通りを行き来する高校生・祥太(ジュン)は、誰にも声をかけてもらえず、ふてくされる毎日。警官の武田(シュウタ)は、犯罪のない原宿を目指して昼夜問わず警備に忙しく、怪しげな耳かき専門店でバイト中のキム(ギュミン)は、自分の将来に不安を抱えているが何をすべきかわからないまま日々をやりすごしている。様々な想いを抱きながら原宿に集う職業も年齢も国籍も違う若者たちの姿を、映画監督志望のウミ(麻宮彩希)は見つめている。そんなある日、スカウトマンの佐藤(山本浩司)が引き起こす事件がきっかけとなり、それぞれの物語は交錯していく……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
NBCユニバーサル・エンターテイメント
初公開日
2015年5月16日
上映時間
89分
製作会社
NBCユニバーサル・エンターテイメント(制作 ツインピークス=ビュウ)
ジャンル
青春

[c]NBCユニバーサル・エンターテイメント
[c]キネマ旬報社