きみはいい子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

きみはいい子

2015年6月27日公開,121分
  • 上映館を探す

中脇初枝の同名小説を原作に「そこのみにて光輝く」の呉美保監督が映画化した群像劇。とある町に暮らし、様々な悩みや問題を抱えて生きる人々が人と人とのつながりに光を見いだし、小さな一歩を踏み出すさまを映し出す。出演は「横道世之介」の高良健吾、「そして父になる」の尾野真千子、「そこのみにて光輝く」の池脇千鶴、高橋和也、「盗まれた欲情」の喜多道枝、「ドライブイン蒲生」の黒川芽以、「おおかみこどもの雨と雪」の加部亜門、「もらとりあむタマ子」の富田靖子。

予告編・関連動画

きみはいい子

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

桜ヶ丘小学校4年2組を受け持つ新米教師・岡野匡(高良健吾)は、まじめだが優柔不断、問題に真っ正面から向き合えない性格だ。そのためか、児童たちはなかなか彼の言うことをきいてくれず、恋人との仲もあいまいな状態が続いている。一方、水木雅美(尾野真千子)は、夫が海外に単身赴任中のため3歳の娘・あやねとふたり暮らし。ママ友らに見せる笑顔の陰で、雅美は自宅でたびたびあやねに手をあげている。実は雅美自身も幼い頃、親に暴力を振るわれていた過去があった……。小学校へと続く坂道の家にひとりで暮らす老人・佐々木あきこ(喜多道枝)が他人と会話をかわすのは、登下校の途中で挨拶をしてくれる名前も知らない小学生だけであった。そんなある日、買い物に行ったスーパーでお金を払わずに店を出たことを店員の櫻井和美(富田靖子)に咎められ、あきこは認知症が始まったのかと不安を感じるようになる……。ひとつの町でそれぞれに暮らす彼らは、様々な局面で交差しながら、やがて新たな一歩を踏み出していく……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
上映時間
121分

[c]2015 アークエンタテインメント [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2015/7/16

    そうか。我々大人は子供を小さいから「かわいい」と見がちだけど、逆に子供は大人を大きいから「怖い」んだ。 ということから、気づかせてくれる逸品。但し、観るのはつらいです。 尾野真千子は、『もがりの森』から観ているけど、『そして父になる』とか何故かつらい役が多い。もう少し普通のおばさんになっても良いと思うのだけど。 そして池脇千鶴、富田靖子と個性的な配役が多いんだけど、彼女たちももっともっとスクリーンで観てみたい。なかなか彼女たちが活躍する場がないのが残念。 そして高良健吾。この人も『悼む人』で新境地を見せてくれたけど、とにかく何でもできる人で怖いくらい。この作品では、真面目な教師役で、まあまともだけど。 ところで、実際の主役は子供たち。劇の最後で『宿題』に関して、感想を言う場面があって、素の表情が見えて面白い。彼らはどんな大人になるんだろうか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/7/9

    【賛否両論チェック】 賛:子供を取り巻く様々な問題を正面から取り上げた描写が秀逸。救いのあるストーリーもステキ。 否:学級崩壊していた生徒達が、急に言うことを聞くようになるのは、少し違和感があり、終わり方も結構消化不良。イジメや家庭内暴力のシーンが多いので、嫌いな人には不向き。  群像劇で、それぞれの登場人物同士はあまり接点がありませんが、それぞれの風景描写が巧みにリンクしていたりして、自然に繋がっていく様子が見事です。  内容としては、現代の子供を取り巻く、“イジメ”“学級崩壊”“家庭内暴力”“不登校”“親の再婚相手からの暴力”“障がいを持つ子供の教育”等様々な問題が取り上げられ、浮き彫りにされていくので、否応なしに考えさせられます。その分、正直あまりまとまりがなく感じてしまう部分もありますし、イジメや家庭内暴力なんかの描写が苦手な人は、観ていると虫ずが走るかもしれません。それでも終盤は、希望が垣間見える展開なので、そこはすごくステキだと思います。   それにしても今の小学校って、男女差別にならないようにと、男子も女子も 「○○さん。」 って呼ばなきゃいけないんですね。方向性として絶対間違っているような気もしますが、 「先生も大変なんだなぁ・・・」 と実感することも出来る作品です(笑)。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2015/6/28

     題名は「きみはいい子」。一見ほのぼのした子供が主役の映画を想像する人も少なくないと思いますが、とんでもない! 幼児虐待、学級崩壊、クレーマー、トラウマによる精神疾患、高齢者問題など今、日本が抱えている社会的問題がてんこ盛りの映画です。  どのテーマも大げさではなくリアルに描かれているので、胸をぎゅーと締め付けられながら、集中して鑑賞しました。  観る人によっては、ただ気分を害してしまうだけだったり、ラストの描き方が中途半端と激怒する人もいると思いますが、私の心には強く響き、そして、子供を抱きしめること(愛していることを伝える)の重要性を痛感させられました。また、同様に現代の大人にも必要なことと思います。  最近、誰かを抱きしめていない方、また、抱きしめられていない方は試しにしてみましょう。それで感じたことがこの映画のテーマだと思います。  映画の内容については多くを語りませんが、「え、ここで終わり?」と思わず言ってしまうラストも私には望みの光が見えたハッピーエンドでした。    

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告