ちえりとチェリー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ちえりとチェリー
ちえりとチェリー
3.5

ちえりとチェリー

2016年7月30日公開、54分、アニメ/ファミリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    4
  • みた
    6
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「チェブラーシカ」の中村誠による長編人形アニメーション。幼いころに父親を亡くした小学6年生のちえりは、父の葬儀のときに蔵で見つけたぬいぐるみのチェリーが唯一の友人だった。ある日、父の法事で祖母の家を訪れたちえりは、出産間近の野良犬と出会う。声の出演は、「劇場版プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン」の高森奈津美、「聖おにいさん」の星野源、「エヴェレスト 神々の山嶺」の尾野真千子。同時上映「チェブラーシカ 動物園へ行く」。2015年3月8日、宮城県石巻市・石巻 遊学館にて開催の「あの日から4年…生命の輝きを見つめ被災地新たな未来願う石巻上映会」にて日本初上映。2015年秋より全国巡回上映。第28回東京国際映画祭パノラマ部門にて2015年10月25日に上映(同時上映「チェブラーシカ 動物園へ行く」)。2016年2月20日より東北先行公開。

配信で観る

ストーリー

小学6年生の女の子・ちえり(声:高森奈津美)は、幼いころに父親を亡くし、母親・万里恵(尾野真千子)と二人で暮らしている。仕事で忙しい万里恵は、ちえりの話を聞いてくれない。ちえりの唯一の友達は、父の葬儀のときに蔵で見つけたぬいぐるみのチェリー(星野源)だった。ちえりの空想のなかで、チェリーは父親の代わりにちえりと話し、遊び、助言し、守ってくれていた。ある日、父親の法事のため、久しぶりにちえりは祖母・節子(谷育子)の家を訪れる。そこで、出産しようとしている野良犬(花村さやか)と出会う。しかし、生まれてくる子犬を狙って、カラスや不思議な怪物が現れる。ちえりとチェリーは、子犬の命を守ろうとするが……。

予告編・関連動画

ちえりとチェリー

予告編

2018/11/30(金)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
ジャパン・スローシネマ・ネットワーク(配給協力:マジックアワー)
初公開日
2016年7月30日
上映時間
54分
製作会社
「ちえりとチェリー」製作委員会(株式会社フロンティアワークス、東映アニメーション株式会社、ギャガ株式会社)
ジャンル
アニメファミリー

[c]『ちえりとチェリー』製作委員会
[c]キネマ旬報社