バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

2016年3月25日公開,152分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ゴッサム・シティを犯罪から守るバットマンと、クリプトン星からやってきたスーパーマンという、DCコミックスの2大ヒーローが初共演するアクション。ザック・スナイダーが監督を務め、ベン・アフレックがバットマンことブルース・ウェインを、『マン・オブ・スティール』に引き続きヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じる。

フォトギャラリー

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 画像1

予告編・関連動画

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クリプトン星人の正体を隠し、新聞記者として生き、危険が迫った際には地球の平和のために戦ってきたスーパーマン。ところが戦いで街を破壊し、甚大な被害が出はじめると世間の非難が集中。彼の心は悪に染まっていく。大富豪のウェインはバットマンとして闇夜で悪と対峙してきたが、人類の希望を背負い、スーパーマンと戦う事になる。

作品データ

原題
BATMAN V SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
152分

[c]2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    kro

    4.0
    2021/5/5

    ジェシーアイゼンバーグ良くやってる。
    素晴らしい演技だった。

    次回作とかも引き続き期待している

    スーパーマンの葛藤

    バットマンとの対峙

    良い作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    サラ

    4.0
    2020/11/30

    再鑑賞。哀愁漂うベンアフバットマンが好きです。シリアスな流れから、ワンダーウーマンの登場で、和みますね!!「〜with you?」のシーンは微笑ましい。ベンアフバットマンでもう1作観たかったな〜。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2016/4/15

    ストーリーもアクションも特撮もなにもかも力ずくの力技。

    の割には、3時間近い上映時間なのに退屈せずに楽しめます。退屈させない演出と編集で星ひとつオマケ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2016/4/8

    カミさん同伴で観賞。さすがに“長い”作品です。
    ネタの流れはスーパーマンの前作から引き込んでいます。しかし、バットマンと絡めるとどうしても宵闇系画像が中心になりがちで、総じて“暗い”画面の多い映画になってしまいました。
    両者の生い立ちや、そもそも等の説明が前半で展開された分、尺が長いのは仕方ないのですが・・・もう少しテンポよく丸めてくれれば観疲れしなかったかもしれません。
    スーパーマンの宿敵“禿げのレックス・ルーサー”が、長髪の野心青年実業家で登場したのには驚き・・・というか本作の設定時代が分からないけど、無視しましょう。ワンダーウーマンが登場してグンと締りが良くなりました。美人・格好良い・強い、まさに“そのもの”です。
    結果、和解?理解?でスーパーマンは不死身だぞ~の終わり方で、ジャスティスリーグへの前振りも完了です。
    SMファンもBMファンもそこそこ楽しめる娯楽大作です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2016/4/3

    とうとう始まりましたDCコミックスの巻き返し。
    マーベルコミックスのアベンジャーズに先を走られて
    手ぐすね引いていたバットマンとスーパーマン。
    これでジャスティス・リーグのスタートが切られました。
    コミックスではジャスティス・リーグの方が
    アベンジャーズよりも3年早く結成されていたのにね。
    今作品はバットマンよりもどちらかといえば
    スーパーマンの物語を中心にしていました。
    宿敵レックス・ルーサーが登場するんで、そうなりますね。
    映像の迫力はもちろんストーリーもしっかりと練られていて
    2時間30分はあっという間でした。
    が、ただバットマンの新型スーツはダサかったな。
    ワンダーウーマンも登場して今後が楽しみです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    3.0
    2016/4/3

    バットマンのイメージかな全体的に暗い。スーパーマンは前作があり違和感なく見られたが、バッドマン役のベン・アフレックがイメージに合わなくて違和感がぬぐえなかった。それにしてもバッドマンの特殊な服装がなじめないなあ!動きにくいでしょ。期待していただけにちょっと愚痴っぽく文句ばかりになってしまった。その中でワンダーウーマンが動きが軽くて、かっこ良かった。ガル・ガドットという女優に惹かれた。スーパーマンが死んでしまうけど最後のシーンから復活して次回作の予定がありそうだ。






    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    2.0
    2016/4/2

     正直言って、最近のアメコミ映画には嫌気をさしていて、アベンジャーズシリーズでそれが決定的となり、今回も鑑賞はやめようと思っていたのですが、監督ガザック・スナイザーなので、もしかして良い意味で期待を裏切ってくれるのでは・・・と思い切って観に行きました。しか~し、期待どおりで残念での一言!

     ここ数年、アメコミ漫画の実写化がヒットしたハリウッドは、その栄光が忘れられないのか、観客が飽きてくると今度は「アベンジャーズ」のように「主役」を張れるヒーローにチームを組ませて「一本でおいしさ・・倍」みたいなことを続け、今度は、そのヒーローたちを戦わせるという禁断の世界に手を出しています。
     しかも、よりリアルにするためなのか、ヒーローが戦って街が壊れて人が死ぬ。そのことの「責任」をヒーローに押し付けようとします。
     ゴジラやウルトラマンを見ていた頃から皆が思ってきたことで、そこは思っても触れてはいけない領域なのです。

     結局、ヒーローどうしの戦いがメインになると、話は暗いし、かっこ悪いし、かっこ悪いヒーローなんかお金を払ってみたくありません!

     ただ一つだけよかったのは、ワンダー・ウーマンがかっこよく登場したこと!これに★ひとつおまけです。

     

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2016/4/1

    VSとなっていますし、実際戦いもするのですが、そこはまぁ、どうしてそうなったかはきっとそうだろうなぁ‥と誰もが想像する展開塗装隔たりは無いと思っていただいて大丈夫かと思います。

    全盛期のバットマンでは無く中年です。
    それでも変わらずお金持ちで社員思いで、街思いで、孤独で・・脚光も浴びず一人静かに悪と戦い、スーパーマンの派手な戦いに巻き込まれる人たちに心を痛めて何とかしなくては・・・と思い立つ。生身の人間なのに。
    彼にアルフレッドが居てくれて良かった・・
    スーパーマンは母星を失い実の親を失い地球上でただ一人特別な存在だけれど、地球に愛情をかけて育ててくれた両親が居て(父親は亡くなったけど)理解者である最愛の恋人がいて、職場の仲間や待っていてくれるファンがいて。そして力がある幸せだと思うの。
    世界よりも、愛する人を守る事を優先する純粋さも持っている。

    彼らはどちらも正義なのよ。純粋に。
    そして、レックス・ルーサーが言う所の男の子。最強に強い地球人と宇宙人の大きな男の子。
    全ての男の子にとって大切な女性・・この辺の展開は男の子のままにはたまらないですよね。
    だってたとえ世界を救うヒーローだろうと、母親にとってはただの小さな守るべき息子ですもの。
    勿論そうじゃ無い特殊な関係性の母子も居るでしょうけど。きっとレックス・ルーサーがそうなんじゃないかな。

    Ben Affleckは映画『Hollywoodland』で、人気テレビシリーズ「アドベンチャーズ・オブ・スーパーマン」のスーパーマン役の主演俳優であったジョージ・リーブス役を演じた事も有るんですよね。ちょっとややこしい。
    Henry Cavillは『Man of Steel』に引き続きスーパーマン役で、他主要メンバーもそのままですが、幻のようにチラと登場するジョナサン・ケントはKevin Costnerでは無いですよねぇ?余りしっかり映らないので解らなかったけど・・
    Jesse Eisenbergはこういう病的な役が良く似合います。

    今後どう展開させていくのか楽しみです。墓穴を埋めなかった辺り想像が膨らみますね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2016/3/29

    【賛否両論チェック】
    賛:大迫力のアクションは言うに及ばず、バットマンとスーパーマンが、それぞれの信じる“正義”を胸に戦いに身を投じる姿が印象的。それぞれの人間ドラマや、彼らを取り巻く陰謀等、割としっかりと固められているのもステキ。
    否:上映時間はやや長め。ド派手すぎるアクションや、およそ現実味のないストーリー等、人によってはあまり好きになれそうにない感がある。急に驚かせるシーンも結構あるので、小さい子には不向きかも。

     さすがは2大ヒーロー。片や、悪を憎む心から、手段を選ばずに戦いを続けるバットマン。片や、望まずも愛する者のために驚異的な力で戦うスーパーマン。それぞれの“正義”がぶつかり合う様子が、まさに桁違いのスケールのアクションで描かれていて、圧倒されます。まともに戦えば絶対的に強いスーパーマンに、本来は生身の人間であるバットマンがどう挑むのか、必見です。
     ただただ2人のヒーローが戦うだけのお祭り映画にはとどまらず、それぞれの背後にある人間ドラマや、そんな彼らを利用としようとする者達の存在も、見逃せません。
     「マン・オブ・スティール」からの伏線も多いので、そちらをご覧になってから、是非観てみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    gutenberg

    3.0
    2016/3/28

    日本の怪獣モノで言えばゴジラxガメラxウルトラマン、子どもの好きな食べ物で言えばハンバーグカレースパゲティ。要するに豪華なお子様ランチ。それなりに楽しめた。

    ただボスキャラが頂けない。ただ醜悪であばれているだけで、キングコング時代から進歩がない。やはりモンスター、ボスキャラ作りは日本のデザイナーに一本か。

    違反報告