兵隊だったおじいちゃんへ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
兵隊だったおじいちゃんへ
兵隊だったおじいちゃんへ
-

兵隊だったおじいちゃんへ

2015年8月15日公開、28分、ドキュメンタリー/戦争
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第二次世界大戦時の日本とイギリス双方の元兵士の話を通して、激戦地と言われたビルマの戦場での両者の苦しみを明らかにしていく短編ドキュメンタリー。監督・脚本・編集は、「子供たちの涙 日本人の父を探し求めて」の砂田有紀。第3回帝国戦争博物館短編映画祭(イギリス)ベストドキュメンタリー賞受賞作品。

ストーリー

第二次世界大戦中のビルマで英国兵と戦った祖父の影を追う孫は、イギリスへ飛び立つ。日英の元兵士の話から、激戦地と言われたビルマ戦場での、双方の苦しみが徐々に明らかになっていく。元陸軍主計中尉であり、その半生を英国兵との和解活動に捧げた故平久保正男氏(OBE英帝国殊勲章四級受賞)の純粋な想いに胸を打たれる。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2003年
製作国
イギリス
初公開日
2015年8月15日
上映時間
28分
ジャンル
ドキュメンタリー戦争


[c]キネマ旬報社