マイ・ファニー・レディ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・ファニー・レディ

2015年12月19日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

本格的な劇場用長編としては『ブロンドと棺の謎』(01)以来、およそ13年ぶりとなるピーター・ボグダノヴィッチによる新作は、往年のスクリューボール・コメディにオマージュを捧げた文句なく楽しい傑作である。当人たちの意図せぬところで繋がっていく人間関係が笑いを誘う脚本が秀逸であり、転がるように進行する物語を淀みなく流れに乗せ、90分にまとめるボグダノヴィッチの熟練の技が冴えて素晴らしい。これぞ洗練の極みであり、ボグダノヴィッチ75歳にして新たな黄金期の到来を期待させてしまうほどである。オーウェン・ウィルソンやイモージェン・プーツ、脇を固めるジェニファー・アニストンやリス・エヴァンスなどのキャスティングも完璧。映画への愛が溢れ出る必見の1作である。第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門にて「シーズ・ファニー・ザット・ウェイ」の題名で上映された。

予告編・関連動画

マイ・ファニー・レディ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

新進のハリウッドスターが、記者からインタビューを受けている。高級コールガールを商売にしていたことを恥ずかしげもなく振り返り、そこから彼女のキャリアのきっかけを作った舞台演出家を巡る爆笑の物語が語られていく…。

作品データ

原題
SHE'S FUNNY THAT WAY
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
彩プロ
上映時間
93分

[c]STTN Captial, LLC 2015 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    枕の凹

    4.0
    2018/4/7

    ウディアレン風の都会コメディ。最初から最後まで快調な楽しい会話のテンポで飽きさせません。自己中心的なアメリカ人もユーモアがあれば、こんなに楽しく生きられるんですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2016/1/4

    2015年の最後、カミさんのお供で観賞。アメリカンドリームコメディという感じで、捻りのきいた面白さがあります。
    ヒロインがやたらにオードーリーのネタを引っ張るし、コールガールがチャンスを掴む仕掛けだったり、映画ネタが山盛りで笑えるほど。ついにはタランティノー本人が本人役で登場。オマージュというか確信犯的ぱくり?
    ごく狭い人間関係を様々なシーンで様々なきっかけで複雑に絡めていく。演劇界ベースで色と金と欲とがぶつかり絡まりドタバタになる。これが90分に圧縮されているから、面倒くさいこと抜きでポンポン進んで面白い。
    ヒロインのイモージェンさんは美人というよりは愛嬌のある顔。オーウェンさんやジェニファーさんもコミカルな運びが抜群に上手。エンディングでカギになる本物の映画場面が出たのは秀逸。
    一年の締めくくりに丁度良い軽さの作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2015/12/27

    ちょっとW.アレン作品に似ている。
    イザベラがインタビューを受けながら、彼女を取り巻く人間のゴタゴタを描く。
    イザベラ、コールガールをミューズと飄々とインタビューアーに言っている。インタビュアーも2度見しちまうぜ。

    ジェーンに親近感おぼえる。自分と類似だわ。
    どういうわけか、ものすごく世界が狭い。人間相関図が濃い。左右上下誰かしらと繋がっているのでは。
    誰もが悲しすぎるほど可笑しい。ゴタゴタ中、出来上がりの舞台もたった1週間で幕が下がる。ちーん。
    そして最後のサプライズcast!観客から黄色い声。まったくの予想外。やったね!

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/12/26

    映画好きには嬉しいネタが沢山だし、舞台好きには興味深い世界よね。
    ラストで本物のシーンが流れるのが素敵♪
    夫にするには困った男だけど、足長おじさんとしては中々優秀じゃない?
    沢山の女性が背中を押して貰って、そして幸せになってる。

    まぁ、若くて、才能が有ってナンボですけど。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告