最愛の子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

最愛の子

2016年1月16日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「捜査官X」のピーター・チャンが実話を基に撮り上げたヒューマン・ミステリー。突然姿を消した3歳の息子ポンポンを捜し続けて3年。遂に両親は遠く離れた地に暮らす我が子を見つけ出すが、育ての親から離れたくないと激しく拒絶されてしまう。出演は「レッドクリフ 1&2」のヴィッキー・チャオ、「ハーバー・クライシス」シリーズのホアン・ボー、「ゴールデン・スパイ」のトン・ダーウェイ、「二重生活」のハオ・レイ、「ミラクル7号」のキティ・チャン。第16回東京フィルメックス観客賞受賞作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2009年7月。中国・深センの下町で寂れたネットカフェを経営するティエン(ホアン・ボー)は3歳の息子ポンポンと二人暮らし。離婚した元妻ジュアン(ハオ・レイ)は、週に一度だけポンポンと一緒に過ごしていた。ある日、近所の子どもたちと遊びに出かけたポンポンは、ジョアンの車が通りすぎたことに気付きあとを追いかけるが、車を見失ったポンポンを何者かが連れ去ってしまう。夜になっても帰ってこない息子を心配したティエンは警察に通報。だが失踪後24時間は事件として扱えないという。自力で捜そうと駅へ向かうがポンポンは見つからず、その後訪れた警察署でティエンは防犯カメラの映像に男がポンポンを抱いて連れ去る姿を目にする。その日からティエンとジュアンの息子捜しが始まった。インターネットで情報提供を呼びかけるが、報奨金目当ての詐欺かいたずら電話ばかりが掛かってくる。罪の意識と後悔に苛まれながら二人はポンポンを捜し続けるのだった……。失踪から3年が経った2012年の夏。ティエンの携帯にポンポンと見られる男の子が安徽省にいるという着信が入る。深センから遠く離れた安徽省の農村を訪れたティエンとジュアンは遂に息子を見つけ出すが、6歳になったポンポンは両親である二人を全く覚えていなかった。ポンポンが母ちゃんと慕うのは、ホンチン(ヴィッキー・チャオ)という育ての親。ホンチンは「自分は不妊症で子どもが産めず、夫が深センの女に産ませて3年前に連れてきた」と主張するが、実際は一年前に死んだ彼女の夫が3歳のポンポンを誘拐し安徽省に連れてきたのだった。初めて知らされるその事実にホンチンは困惑するばかりであった……。半年後。ティエンとジュアンは、いまだに「家に帰りたい」と言うポンポンの愛情を何とかして取り戻そうと日々心を砕いていた。そんな中、ホンチンもまた、子を奪われた母として我が子を捜しに深センへと向かっていた……。

作品データ

原題
親愛的
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
中国 香港
配給
ハピネット ビターズ・エンド
上映時間
130分

[c]2014 We Pictures Ltd. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?