ヒーローマニア-生活-|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒーローマニア-生活-

2016年5月7日公開,109分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

街の悪を成敗しようと立ち上がった4人の男女の活躍を描く福満しげゆきのコミックを、東出昌大らの出演で映画化したコメディ。ダメダメなフリーター、身体能力抜群な下着泥棒のニート、定年間近のサラリーマン、情報収集能力に長けた女子高生という個性的な4人が必死に“ヒーロー”になろうと奮闘する姿がつづられる。

予告編・関連動画

ヒーローマニア-生活-

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フリーターの中津はバイト中にチンピラに絡まれ金を巻き上げられるが、そのチンピラをやっつけた土志田と出会い、一緒に“ヒーロー”になろうともちかける。以来、街にはびこる暴走族やチンピラを成敗していた2人は同じ志をもった日下と意気投合。さらに女子高生のカオリを加えた、4人による自警団は街のヒーローになっていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東映 日活
上映時間
109分

[c]福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会 [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

2.3
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2016/5/27

    原作を読んでいないので、どの程度原作に忠実なのか分かりませんが、長い話を無理やり端折った感が強いのが残念。逆に言えば、それだけ、オイシそうなネタ満載ということ。これだけ面白い人物設定があるなら、警備会社が出来る前までを、じっくり脚本を練って作って一本の映画にして、続きは続編にしてほしかったなあ。予算無かったのかな? 東出昌大の演技は凡庸さが感じられ、屈折した人物像が描き切れていなかったけれど、窪田正孝の危ない雰囲気と、小松菜奈の変態ぽさはなかなか。鶴ちゃんは期待通り。しずちゃんの出番少なすぎ。船越栄一郎は演技が単調なのに出番多すぎて邪魔。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2016/5/14

    【賛否両論チェック】 賛:虐げられてきた弱者達が、自分達の力で悪を懲らしめようと立ち上がる姿が、非常に痛快。 否:シリアスなのかコミカルなのか、若干どっちつかずな印象。ツッコミどころもありすぎるほか、情操教育にも全く向かない。  笑ってしまうくらい秩序が乱れた町にあって、ずっと虐げられてきた主人公達“ヘタレ”が、自分達自身の力でヒーローになっていこうとする姿が、とっても痛快です。そして、そんな彼らの活動に目をつけ、巧みに利用しようとする真の悪党の存在も、物語をより一層面白いものにしていきます。  ただ、タイトルから連想するような子供向け感は全くなく、内容的にも教育上はよろしくないストーリーではあるので、家族サービスには向かない作品でもあります。  個人的には、最後の主人公のシーンが、すごくカッコイイなと思いました(笑)。タイトルにある「生活」の意味が最後に分かる、そんな痛快娯楽映画に仕上がっています。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告