海賊とよばれた男:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
海賊とよばれた男
海賊とよばれた男

海賊とよばれた男

2016年12月10日公開、145分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

明治、大正、昭和という激動の時代を舞台に、大胆な発想や行動力で大事業を成し遂げていく男の姿を描いた、実話がベースの百田尚樹の小説を岡田准一主演で映画化した人間ドラマ。『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が、VFXを駆使した映像で、それぞれの時代をリアルに映し出し、物語を盛り上げる。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

石油の将来性を予感していた国岡は、北九州の門司で石油業を始める。国内の販売業者や欧米の石油会社といった壁にぶつかりながらも、奇想天外な発想や型破りの行動力、そして、部下を大事にする愛情で新たな道を切り拓いていく。そして、第2次世界大戦に敗戦し、さらに状況は悪化するが、思いもよらぬ手段で、切り抜けていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
145分
製作会社
製作:「海賊とよばれた男」製作委員会(企画製作幹事:日本テレビ放送網/制作プロダクション:ROBOT/制作協力:阿部秀司事務所)

[c]2016「海賊とよばれた男」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /16件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?