高台家の人々|MOVIE WALKER PRESS
MENU

高台家の人々

2016年6月4日公開,116分
  • 上映館を探す

妄想癖のあるOLと人の心が読める特殊な力“テレパス”を持ったイケメンエリートの恋を描いた、森本梢子の人気コミックを綾瀬はるか&斎藤工の主演で映画化したラブ・コメディ。ヒロイン、木絵の突拍子もない妄想力とそれを楽しみながらも心癒され、ひかれていく青年との恋の行方がつづられる。西野カナが主題歌を担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

口下手で不器用な木絵は妄想好きな女子。そんな彼女が勤めるオフィスにイケメンでエリートの光正が転勤してくる。光正は人の心が読める“テレパス”で、その力ゆえに人間関係に辟易していたが、木絵の妄想力や純粋で温かい心の声が心地よく、次第にひかれていく。そして、交際を始めるが、光正の母は2人の関係を快く思っていなかった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
116分

[c]2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 [c]森本梢子/集英社 [c]キネマ旬報社

動画配信

関連記事

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/7/24

    【賛否両論チェック】 賛:“テレパス”というテーマを通して、「言葉にする大切さ」を教えてくれるのが印象的。どこか親近感が湧く登場人物も魅力。 否:設定や展開等がかなり荒唐無稽なので、好き嫌いは分かれそう。  片や他人と話すのが苦手で、1人妄想の世界を愛するヒロイン。片やテレパスであるが故に、他人に心を許せず、こちらも孤独に生きてきた御曹司。お互いに惹かれ合うものの、木絵には光正の本心は見えず、心を覗かれてしまうことへの心労が募っていってしまうのも、自然な流れです。そんな2人が、果たしてどんな風に溝を埋めていくのか、そこに注目です。  “テレパス”という異色な意志の伝達方法を通して、 「大事なことは、言葉にしないと伝わらない。」 という、普遍的なテーマを訴えてくるのも、またステキです。  ストーリーそのものに好き嫌いはありそうですが、一風変わったカップルの行く末を、是非チェックしてみて下さい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2016/6/6

    妄想が吹き出してしまうほど面白かった。 後半、あまり妄想シーンが無くなったのが残念。 もっと、もっと、妄想を見たかった。 妄想が無かったらタダの恋愛映画だもの。 綾瀬はるか、ハマリ役でした。 子供の時、よく妄想していたけど最近あまりしなくなった。 心の余裕がなくなったかなぁ~ ちょっと、さみしい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2016/6/4

    綾瀬はるかは、『僕の彼女はサイボーグ』以来、観ていますが、やはりコメディーが得意ですね。今回も「妄想女子」をうまく演じています。 ただ、こういう奇想天外な物語の場合、脇役にリアリティが無いと、単なる絵空事に終わってしまうので、そういう意味で、共演者(水原希子/夏帆/大地真央)の実力が試された作品でもあります。結果として、うまく行っています。 余談ですが、ウチの近くがロケされており、ああ、この道を綾瀬はるかや斎藤工が通ったんだと、しばらく楽しめそうです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2016/5/24

    コミカルな妄想が笑える。 綾瀬はるかだからできるこの妄想!? できればもっともっと妄想を膨らませて、もっともっと妄想の世界を見たかった~ぁ。 でも後半は泣かせる演出!! ホロリときましたよ。 面白かった~ぁ。 猫ちゃん超かわいかった~ぁ。 それにしても、人の心がわかるといいな~ぁとも思ったりするけど、わかりすぎちゃうのもね~ぇ。 いいことも悪いこともわかっちゃうわけで.........................。 やばい場所かわかるのはいいけど、いつも霊が見えるのもね~ぇってのと似てる???

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告