ブレイキング・ゴッド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブレイキング・ゴッド

2016年2月2日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「モーガン・ブラザーズ」のアンガス・サンプソンが共同監督、出演、脚本を務めるクライムサスペンス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1983年、メルボルン。テレビ修理店で働く地味で愚直なレイは、ヤクザものの悪友に楽で大金を稼げるとそそのかされ、旅行先のタイから麻薬入りの袋を飲み込んで密輸する“運び屋”をやらされることに。だが大量の袋を体内に抱えた帰国時、税関で挙動不審な態度を疑われたレイは、X線検査を拒否したことからホテルに勾留されてしまう。便意を耐えるレイと待つ警察、勾留期限が切れるまでの奇妙なガマン比べの行方は……。

作品データ

原題
THE MULE
製作年
2014年
製作国
オーストラリア
配給
ゴンゾ
上映時間
102分

[c]2014 THE MULE DEVELOPMENT PTY LTD. SCREEN AUSTRALIA AND FILM VICTORIA [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2016/2/11

    【賛否両論チェック】
    賛:友や家族のために犯罪に手を染め、必死で隠そうとする主人公の姿が、切なく描かれる。そんな主人公を利用しようとする周りの人々を通して感じられる、人間の醜さも印象に残る。
    否:サスペンスなのに、ある部分で急にコミカルに見せたりと、若干どっちつかずの印象が否めない。かなりグロいシーンもあり。

     巻き込まれたごく普通の男が、それでも意地を見せて、友のためになんとか罪を逃れようと必死になる姿が、なんとも切なく映ります。
     そして、そんな純粋な彼を利用しようとする親友や義理の父・マフィア・警察・弁護士。それぞれの思惑が交錯し合い、人間の醜さが次第に明らかになっていく様も、また考えさせられます。
     詳しくは伏せますが、後半かなりグロいシーンがありますので、ご注意を。

    違反報告