グランドフィナーレ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グランドフィナーレ

2016年4月16日公開,124分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名優マイケル・ケインが妻への愛や葛藤に悩むベテランの音楽家に扮し、人生最後の大舞台に挑む姿を描く、実話をベースにした人間ドラマ。監督は『グレート・ビューティー 追憶のローマ』で第86回アカデミー賞および第71回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞に輝いたイタリアの奇才パオロ・ソレンティーノ。

予告編・関連動画

グランドフィナーレ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

世界的に名を知られる音楽家のフレッドは作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルでバカンスを過ごしていた。一方、一緒にいる親友で映画監督のミックは現役にこだわり、新作の構想に没頭中。そんなある日、フレッドに英国女王からの出演依頼が舞い込むも、頑なに断るのだった。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2015年
製作国
イタリア フランス スイス イギリス
配給
ギャガ
上映時間
124分

[c]2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C - FILMS, FILM4 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とし

    3.0
    19日前

    2021年9月26日
    映画 #グランドフィナーレ (2015年イタリア・フランス・スイス・イギリス映画)鑑賞

    邦題は終局とかの意味だけど、原題はyouthなので若さ的な意味

    #マイケル・ケイン は邦題でもいいかもしれないが、#ハーヴェイ・カイテル は原題に近いんじゃないかな?

    #ディエゴ・マラドーナ 必要?

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2016/5/24

    邦題はめでたしめでたしみたいになっていますが、原題は”Youth'”。主人公が若いのではなく、若い世代を見ながら自己の老いに向き合う主人公達の話。物語の中で、主人公達に、新しい未来は与えられません。 過ぎ去った過去と向き合いながらの余生。未来も描けず過去も封印しようとする者、未来を向いているようで実は過去にすがっていた者。過去も未来もなく、今を生き延びようとする者。

    人生の終わりが見えてきたとき、過去とどう関わるかを静かに問いかける一作。

    ・・にしても、マイケル・ケインも、ハーヴェイ・カイテルも、ジェーン・フォンダも、80歳近くなっても只者じゃない殺気ムンムン。脚本より、このお三方の存在感で支えられているような映画。それにしても、ジェーン・フォンダのパワフルなこと!

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/4/22

    グランド・フィナーレ・・コレは、舞台などの・・ではなく、人生の・・と言うことなのだと思う。
    功績を残し、終焉を迎えつつある著名人たちと、今苦悩の最中にある若者たち。

    兎に角、素晴らしい環境。何て美しい場所なの・・こんな場所でバカンスなんて、羨ましい限り。
    そしてPaul Danoってこんなに格好良い俳優だった?
    彼の苦悩はどこかで聞いたことがありそうな・・そして切実な物。
    その彼に少女が語りかけるシーンが凄く好き。
    地味な映画の派手じゃない一つの台詞を胸に留め悟ったあの少女、凄いわ。

    凄く雄弁に何かを語ってはいない。ただ見ていて、訴えかけるものがある。
    受け取る物は年代や立場によって人それぞれだろうけど。

    切ない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2016/4/19

    フェリーニを思わせる映像美、幻想的な筋立て、時にヌード。映画好きにはたまりません。テーマは、一応、人生の締めくくり。
    人生を締めるに当たって、様々な回想が…。などと言ってみても、この映画の魅力の、千分の一を語ることにもならないでしょう。評論家泣かせの逸品です。

    違反報告