海すずめ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

海すずめ

2016年7月2日公開,108分
  • 上映館を探す

宇和島伊達400年を記念し製作された青春ドラマ。小説家デビューするも2作目が書けない雀は地元・宇和島に戻り、自転車で図書を運ぶ図書館の自転車課で働き始める。そんな中、伊達400年祭で使用する刺繍の資料となる本を巡り街は騒然となる。監督・脚本は、「ポプラの秋」の大森研一。出演は、「ドクムシ」の武田梨奈、「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の小林豊、「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」の内藤剛志、「恋」の岡田奈々、「蠢動-しゅんどう-」の目黒祐樹、「家族はつらいよ」の吉行和子。

予告編・関連動画

海すずめ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小説家としてデビューしたが、2作目の小説が書けない赤松雀(武田梨奈)は、地元である愛媛県宇和島市に戻り、自転車で図書を運ぶ図書館の自転車課で働き始める。同僚は、元ロードレーサーの岡崎(小林豊)とアルバイトで嫌味な上司の娘・はな。ある日、本の常連客であるトメ(吉行和子)が、もともと現在の市立図書館の前には、空襲で全焼した私立伊達図書館があったという史実と、トメ自身も戦前はそこで働いていたことを雀に語る。そんなある日、伊達400年祭の武者行列で使用する着物の刺繍模様を復元するための資料“御家伝来の本”探しで街は大騒ぎになる。一方、図書館では自転車課の廃止案が浮上する。雀は資料となる本探しと、自転車課廃止を阻止するため走り出す……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
上映時間
108分

[c]2016「海すずめ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • さきぱぱ

    5
    2016/7/12

    監督が地元の方の話を聞きながら作り上げた作品だけあり、独特の大森ワールドが。
    一見表情が薄そうな主演の武田梨奈さんの表情やしぐさにだんだんと引き込まれる見ていて暖かくなる作品です。
    景色も良く、宇和島市に行きたくなりました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告