ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years

ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years

2016年9月22日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

60年代に登場し、バンドが解散したいまも世界中の人々を魅了し続けるイギリスのバンド、ビートルズ。彼らの63年のツアーから、4人が最後に観客の前で演奏した66年8月のサンフランシスコ公演までのライブ映像、著名人や関係者へのインタビューを通して、彼らの曲の変遷や人気の秘密に迫る長編ドキュメンタリー。

予告編・関連動画

ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリスのリヴァプールで活動を始め、1961〜62年にかけてイギリスの音楽シーンで注目を浴びたビートルズ。ヨーロッパ・ツアーの後、64年にアメリカの人気テレビ番組「エド・サリバン・ショー」に出演したのを機にその人気は世界的なものになっていく。同年、初のワールド・ツアーに出た彼らは2年にも及ぶ過酷なスケジュールをこなし続ける。

作品データ

原題
THE BEATLES: EIGHT DAYS A WEEK
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
イギリス
配給
KADOKAWA(提供:KADOKAWA=テレビ東京=BSジャパン)
上映時間
108分

[c]Apple Corps Limited. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • YO99
    YO99
    5.0
    2016/10/11

    カミさん同伴で観賞。来日50周年で、巷でも様々な催しやコラボが展開されています。
    自分はビートルズ後期世代。映画館には先輩たちが大勢詰めかけていました。何故かジジババ臭くない小粋な年配ばかりです。ビートルズど真ん中だったんだろうな~
    おまけ?のシェイスタジアム公演ライブ映像は驚くべき臨場感で息をするのさえ忘れていた。
    このドキュメンタリーを観て、彼らが神話化されながらも人間的に壊れなかったのは、仲間の強い絆と良きマネージャーへの信頼と人々への愛とメッセージを音楽で伝えようとした真っ直ぐさだったような気がしました。
    全人類を丸ごと新しい価値観の世界へひぱっり上げたともいえる彼らの音楽は今なお脈々と生きていると感じました。
    ビートルズの魅力を生々しく披瀝した、最上のドキュメンタリーです。

    違反報告
  • KI-ki
    KI-ki
    4.0
    2016/9/30

    ビートルズって現象だったんですね。
    せっかくライブチケット手に入れても、叫んでたり失神してたら意味ないじゃん。
    彼女達は音楽を聴いてたんじゃないのね。
    ビートルズに夢中の自分に酔ってたみたいね。
    私はライブを楽しめました。
    いい曲ばかりね。
    最後の屋上でのライブ、最高です。
    ひとりで静かに聴けた気がする。
    知らないのに、懐かしかった。

    違反報告
  • Hankus Q
    Hankus Q
    5.0
    2016/9/28

    何よりも曲をライブ記録で聞けてうれしく、感動ものだ。
    ラストの屋上での演奏を聞いて「レット・イット・ビー」のDVDを発売してほしいと切に希望する。

    違反報告
  • パライバ
    パライバ
    5.0
    2016/9/22

    タイトルはなかなか覚えられないけれど知っている曲ばかり次から次へ。
    ビートルズの偉大さに今更ながらに感動する。
    曲を作りたい、表現したい。でも彼らの曲を歌を聴いているようには見えない大騒ぎの会場の観客の様子が何度も映し出される。
    あれではへとへとだろうな。
    護送車で移動というのもなんだかな。
    もし もう少し長くビートルズとしての活動があったら・・・?

    違反報告