3月のライオン 後編|MOVIE WALKER PRESS
MENU

3月のライオン 後編

2017年4月22日公開,140分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

羽海野チカの人気コミックを、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が、神木隆之介主演で実写映画化した2部作の後編。孤独な青年棋士が三姉妹との出会いを通して成長していく姿を描く。主人公を癒す三姉妹を倉科カナ、清原果耶、新津ちせが演じ、ライバルの二海堂を特殊メイクによってまるで別人に変身した染谷将太が熱演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

零が川本家の3姉妹と出会ってから1年がすぎようとした頃、将棋界では毎年恒例の獅子王戦トーナメントが始まろうとしていた。幸田は頭のケガで緊急入院し、後藤は入院中の妻の容体に心を痛め、二階堂は難病を抱えながらも戦おうとする。棋士たちはそれぞれが試練に立ち向かうが、同じように川本家にも事件が起きる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
東宝=アスミック・エース
上映時間
140分

[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    fig262

    -
    2019/2/18

    幸田家の人たちがずっと出過ぎではないだろうか・・原作ではもっと存在だけ感じる・・くらいだったと思うけど、しかも最初の方だけとか・・まあ、幸田家と川本家の問題と二本柱がメインなのだね。いじめ問題もあっさり解決した感じもちょっと拍子抜けやけど。あと、ダメお父さん、伊勢谷さん完璧すぎてウケた。プロ!!や、原作よりも随分と格好良いけど、それでバランス取れてるというか・・。で、前編から続いて、零ちゃんが宗谷さんに向かっていくための流れがメインストリームなのだね。後藤との対局の時、今まで、色んな人たちに助けられてきたこと、気が付いたシーンは泣いた。終わってから、川本家に謝りに行った、謝罪の文言が完璧だった。そうだよな、仲は良いけど、お世話になってるけど、家族の問題は、他人には解決できないのよな、多少力になることは出来ても・・。将棋は誰からも何も奪ったりしない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2017/6/14

    【賛否両論チェック】
    賛:居場所がなかった高校生棋士の主人公が、様々な人々との出逢いを通して、人間的にも少しずつ成長していく姿が印象深い。
    否:人間関係の色々な問題を、少し詰め込みすぎな感がある。将棋のシーンも前半よりかなり少ないので、人によってはやや物足りないかも。前編の知識も必須。

     前編は棋士として、強者揃いのライバル達との戦いに挑む主人公の姿がメインでしたが、後編はどちらかというと、そんな主人公・桐山零の人間的な成長がメインに描かれるのが印象的です。
     勝負の世界の機微は勿論のこと、イジメや家族の問題等、少々詰め込みすぎな感もありますが、零とそのよき理解者である川本3姉妹との心の交流が、思わずジンと来ます。イジめられていた友人を助けてイジメに遭うようになったひなたを、祖父が
    「よくやった!!」
    と誉めるシーンが感動的でした。
     将棋ファンにはやや物足りないかもしれませんが、青春溢れる人間ドラマを是非ご覧になってみてください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ツヨシ

    1.0
    2017/5/10

    前編が良かったので本当に楽しみにしていた、将棋を通しての人間模様や感情などが上手く描写されて後編も期待していた。が...見事に期待を裏切られた。後編は単なる高校生の未熟な恋愛物語。3人姉妹の物語。前編の全て将棋を通しての物語の進行ではなくなっていてがっかりでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2017/4/24

    素直に良かったですね。内容が深掘りされていました。特に三姉妹の方がね。
    有村架純も前編の「悪い子ブリッコ」が改善されているし、初登場の伊勢谷友介も「悪い大人」をうまく演じていました。そして豊川悦司も前編では、いじられる一方だったのが、逆転に成功❗「良い大人」を演出しています。
    そして、主役の神木隆之介は言うまでもありません。これまで演じた、どのキャラクターよりも、はまっています❗うまく、自分の世界を作っていますね。

    違反報告