秋の理由|MOVIE WALKER PRESS
MENU

秋の理由

2016年10月29日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

詩人としても活躍する福間健二監督作品。出版社を経営する編集者・宮本。その友人で作家の村岡は代表作『秋の理由』以降、小説を発表しておらず、精神的な不調から声が出なくなる。村岡の新作を出したいと思う宮本は、実は村岡の妻・美咲に想いを寄せていた。出演は、「百円の恋」の伊藤洋三郎、「夢の女 ユメノヒト」の佐野和宏、「東京の日」の趣里、「キャタピラー」の寺島しのぶ。

予告編・関連動画

秋の理由

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

本の編集者である宮本守(伊藤洋三郎)は、小さな出版社・黙示書房を経営している。しかし経営は苦しく、事務所をたたむことになる。宮本の友人で作家の村岡正夫(佐野和宏)は、代表作『秋の理由』以降、小説を発表しておらず、精神的な不調から声が出なくなり、筆談器を使っている。村岡の才能を信じる宮本は、彼の新作を出したいと思っている。そして実は、村岡の妻・美咲(寺島しのぶ)に想いを寄せていた。ある日、宮本と村岡の前にミク(趣里)という女性が現れ、『秋の理由』を何回も読んだという。彼女は『秋の理由』のヒロインに似ていた。宮本はミクと過ごすうちに美咲への思いをはっきりと自覚するが、美咲はそれを受け入れようとはしない。しかし、美咲と村岡の関係は険悪になっていく。正気と狂気の間を揺れ動く村岡は、難民的な男女の群れの中に自分がいる夢をよく見るようになる。村岡は自分のそばに宮本がいることを苦痛に感じ、宮本にそれを告げてしまう。すると宮本は、村岡に、自分に、そしてこの世界のあり方に対して怒りを爆発させる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
渋谷プロダクション
上映時間
88分

[c]『秋の理由』製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?