疾風ロンド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

疾風ロンド

2016年11月26日公開,109分
  • 上映館を探す

東野圭吾のベストセラーを阿部寛主演で映画化したユニークなサスペンス。何者かに盗まれた生物兵器の行方を捜す、平凡な研究員の奮闘を描く。阿部寛が頼りない研究員をコミカルに演じ、関ジャニ∞の大倉忠義が正義感の強いパトロール隊員を演じる。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で演出を務めた吉田照幸が監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学の研究所から生物兵器が盗まれ、所長の元に犯人から3億円を要求する脅迫メールが届く。主任研究員の栗林が秘密裏に犯人の行方を捜すが、犯人は兵器をどこかに隠したまま死亡。やがて、日本最大級のスキー場のどこかに隠されていると知るが、栗林はスキー初心者で、パトロール隊員の根津やスノーボード選手の千晶らを巻き込んだ騒動に発展していく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
109分

[c]2016「疾風ロンド」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • お水汲み当番

    1
    2020/7/19

    強烈な生物兵器の炭疽菌を、野沢温泉スキー場の雪の中に隠した犯人がいて、それを探すお話です。

    リアリティーのカケラもありません。

    登場人物の扱っている物を、観客に「猛毒だ」と感じさせられる演技をした役者が、ただの一人もいない情けなさ。
    「真に迫る」の真逆。
    大根演技のオンパレードです。

    もしかして、「野沢温泉スキー場のプロモーション映画」を作って欲しいという要請で、営業が契約を取ってきたから、とりあえず一本デッチアゲてみましょうかという作品なのでしょうか。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • フジ三太郎

    2
    2020/1/11

    スキーと細菌兵器って、「女王陛下の007」じゃん!
    設定が恐れ多い以外はセコい映画。
    何をメインにしたいのかわからない。
    東野作品にしては、随分ライトノベルっぽいなとしか言いようがない。。
    最大の見せ場が大島優子の金的ですか・・
    関東の人は、もうすぐ午後ローで「女王陛下の007」を放映するので、録画して見て欲しい。設定が全く同じでアクションのスケールが桁違い。ただ映画としては、007のあの作品は、ショーン・コネリーのボンドじゃなく、締まらない出来で、最後だけビターだったけど。
    同じ東野スキー物なら、白銀ジャックの方が良かったね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • あちゃぺ

    4
    2018/10/10

    とある研究所で極秘に研究開発されていた生物兵器が研究員によって盗まれた。日本のとある雪山に埋められ、その場所を教えるのに3億円を要求される…そこから物語が始まります。
    その生物兵器がばら撒かれれば、多数の被害者を出すことは必至。また、そんな研究が日本でなされていたことが公表されると、さらにとんでもないことに。
    そんなサスペンス的な物語をこれほどコメディっぼく描かれていることに驚き。とても楽しい映画に仕上がっています。
    阿部寛、ムロツヨシ、柄本明、生瀬勝久…そんな面々が出演しいることから確かに楽しい映画になって当たり前ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告