テキサスの旋風:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
テキサスの旋風
テキサスの旋風
-

テキサスの旋風

1932年公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    1
  • みた
    0
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「警官車十七号」のティム・マッコイが主演する映画で、ウィリアム・コールト・マクドナルドの原作をランドール・H・フェイが脚色し、「兄貴は世界一」「国境飛行隊」のD・ロス・レダーマンが監督し、ベンジャミン・H・クラインが撮影した。助演俳優は「競馬天国」のシャーリー・グレイを始めウィーラー・オークマン、ジョン・ウェイン、ウォーレス・マクドナルド、其他である。

配信で観る

ストーリー

テキサスのグラントがアリゾナのスタンピードの町に着いた時、人々は彼を5年前に死んだと思われて居た地主のジム・ローリンスが生還したものとして挨拶した。ローリンスの商売敵ベッカーは彼と挑戦したが忽ち叩きのめされる。グラントはローリンスの妻ヘレンが悪牧童連に家畜を誤間化されているのを知って之を助けてやる。グラントはスタンピードの浄化を計る目的で、テキサスの牧童連を電報で呼び寄せ、助力を得て町の無頼漢を束にして追放してしまう。ベッカーはグラントに一騎打ちを申し込み、物陰に子分を忍ばせてグラントの来るのを待っている。グラントは約束の時間にやって来た。一瞬短銃は鳴り響きベッカーと子分は射殺され、グラントは頭に傷を受けた。グラントはこの衝撃によって自分が本当のジム・ローリンスであり、5年前にベッカーに殺されそこなって記憶を失っていたことを思い起す事が出来た。ヘレンの看護でジムの怪我は直ちに快癒した。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Texas Cyclone
製作年
1932年
製作国
アメリカ
初公開日
1932年
製作会社
コロンビア映画


[c]キネマ旬報社