鋼の錬金術師|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鋼の錬金術師

2017年12月1日公開,133分
  • 上映館を探す

テレビアニメや劇場アニメにもなった荒川弘の人気コミックを、山田涼介主演で実写映画化したファンタジーアクション。亡き母を生き返らせようとするが、人体錬成に失敗し、自らの左足と右腕、弟アルの体を失くしてしまった少年エドが国家錬金術師となり、旅を続けるさまが描かれる。監督は『ピンポン』の曽利文彦。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

エドと弟のアルは亡くなった母親にもう一度会いたいと、禁忌の人体錬成に挑んで失敗。エドの左脚とアルの身体は奪い去られ、アルの魂を引き戻すためにエドは右腕も失ってしまう。アルの身体を元に戻すため史上最年少の国家錬金術師となったエドは、鎧の姿になったアルと賢者の石を求めて旅を続けるが、彼らの前にホムンクルスが立ちはだかる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
133分

[c]2017 荒川弘/SQUARE ENIX [c]2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.1
  • ひゃん

    3
    2018/3/11

    原作を知らないのであらすじを追う観方になったものの、
    それぞれのキャストはよく健闘していた気がする。特に
    松雪泰子の存在感が抜群で持ち前の人間に見えない演技
    と風貌にしてやられる。海外でもイケるんじゃないかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • YO99

    4
    2018/2/8

    アニメ版のファンでした。
    どんな出来になるか楽しみにして観たのですが・・・
    比べちゃいけないのは分かってるけど「違う」
    アニメの良いところを巧く抜き出して、原作の世界観を損なわずに仕立てています。前半の話ををかなり端折ったものの、あそこまでの長話を何とか尺に収めた努力も見事です。
    でも・・・違う。ってか、日本人を使うのが無理あると思います。残念です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ももやん

    4
    2017/12/25

    原作はタイトルを知っている程度でしたが、娘の好きな山田涼介君が主演という事で観に行ってきました。
    原作ファンから酷評を受けていたみたいで、「面白いのかなぁ?」と思っていましたが、結論から言えばツッコミどころは結構あったけど、CGもすごく綺麗で泣いたり笑ったり、なかなか面白い作品ではないかと思いました。

    キャラクターがそれぞれ良かったです。将軍役の小日向さんが出てきた瞬間なんて、笑顔で理解ある風なんですが、絶対悪役なんだろうなぁと思っていたら、案の定悪役でした(笑)。
    個人的にはタッカーが娘のニーナと犬のアレキサンダーでキメラを作り、エドに「エドにぃちゃん、遊ぼ・・・」のシーンで涙が止まらなかったです。
    エドとウィンリィがDr.マルコーに会いに出て行った後の、タッカーの雰囲気がヤバかったので、何かしらあるとは思ったけど衝撃的な内容でした。(後で知ったら原作にもあるらしいです)
    原作の量を映画1本にまとめているので、途中無理やり感があったり伏線の回収が残念な所などもあり、特に主役の活躍よりもマスタング大佐の活躍の方が目立っていた様に思いました。エンヴィー、ラストをやっつけたのも大佐でしたし。
    最後にエンヴィーの体から何か目玉だけのカメレオン(?)みたいな生き物が出てきて逃げていきましたが、それを観た瞬間に外国映画でよくある、続編作れるための伏線みたいと思ってしまいました。
    もし続編があるなら観てみたいと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告